大学に入ってからは、よく図書館に通っていました。そこでは様々な本や資料を読んでいたのですが、日本酒に興味があったこともあって、関連する資料はよく目を通していました。そこで、中国では日本酒市場の成長率が一番高くなる可能性がある、ということが書かれた資料を見つけ、俄然中国に興味を持つようになったんです。

その後、中国への交換留学の募集があり、真っ先に応募しました。そして、実際に上海での生活がスタートしたのですが、「上海は面白い!」ということを実感しました。まず感じたのは、上海の人たちの向上心の高さです。一人ひとりが、すごく成長しようとしてるのを感じ、その姿にすごく惹かれました。また、中国そのものが右肩上がりで成長しているとも感じました。例えば日本だと既に価値があるものに対して、その価値をどう高めていくかというところが重要とされます。

しかし、中国は成長途中であるため、小さな価値を一つずつ高めていくというよりも、今までになかった価値を一気に伸ばしていくことが重要になってきます。そういった、中国のダイナミズムといったところにも興味を惹かれましたね。

日本での大学時代には、日中交流の団体も立ち上げました。そこでは、良いコンセプトがあり、良い仲間が集まってくれれば、自分の力だけでは到底成し遂げられないことができる、ということを感じましたね。三人で立ち上げた団体が、数百人規模で仲間が増えていくといったような、自分一人では想像もしていなったようなことを、成し遂げることができたんです。その後にもつながる経験となりました。

SAKEを通してのコミュニケーション

大学に入ってからは、よく図書館に通っていました。そこでは様々な本や資料を読んでいたのですが、日本酒に興味があったこともあって、関連する資料はよく目を通していました。そこで、中国では日本酒市場の成長率が一番高くなる可能性がある、ということが書かれた資料を見つけ、俄然中国に興味を持つようになったんです。

その後、中国への交換留学の募集があり、真っ先に応募しました。そして、実際に上海での生活がスタートしたのですが、「上海は面白い!」ということを実感しました。まず感じたのは、上海の人たちの向上心の高さです。一人ひとりが、すごく成長しようとしてるのを感じ、その姿にすごく惹かれました。また、中国そのものが右肩上がりで成長しているとも感じました。例えば日本だと既に価値があるものに対して、その価値をどう高めていくかというところが重要とされます。

しかし、中国は成長途中であるため、小さな価値を一つずつ高めていくというよりも、今までになかった価値を一気に伸ばしていくことが重要になってきます。そういった、中国のダイナミズムといったところにも興味を惹かれましたね。

日本での大学時代には、日中交流の団体も立ち上げました。そこでは、良いコンセプトがあり、良い仲間が集まってくれれば、自分の力だけでは到底成し遂げられないことができる、ということを感じましたね。三人で立ち上げた団体が、数百人規模で仲間が増えていくといったような、自分一人では想像もしていなったようなことを、成し遂げることができたんです。その後にもつながる経験となりました。

SAKEを通してのコミュニケーション

シェアして応援