テレビが生み出す共感で、モノの価値を高める。
試行錯誤の先に見つけた、地方創生という大義。

吉澤 有さん/テレビ東京プロデューサー

はてぶ

テレビ東京で、ネット通販と連動したテレビ番組『虎ノ門市場』『厳選いい宿』のプロデューサーを務める吉澤さん。田舎で生まれ育ち、唯一の娯楽であるテレビに夢中だった吉澤さんが、実際にテレビ局で働く中で見つけた大義とは。お話を伺いました。

田舎から抜け出したい

茨城県の片田舎で生まれました。畑ばかりで、信号がひとつしかない町です。コンビニはおろか、酒屋以外に店もない、相当な田舎でした。

物心ついた頃から、早く田舎を抜け出したいと思っていました。周りからはちょっと変わった子だと思われていた気がします。気が合う友達もいなかったので。

町には娯楽がない、友達もいない。そんな環境の中、唯一の楽しみがテレビでした。特に中学に入った頃から、深夜テレビ番組にハマりました。すべての放送が終了した後に映るカラーバーを見ないと落ち着いて眠れないくらい、テレビに夢中でした。

僕が15歳の頃は、深夜番組の全盛期でした。専門家を呼んで、相当マニアックなテーマを扱う知的教養系の番組が流行っていたんです。チョコレート商戦を源平合戦に例えて解説する番組とか。自分の行動範囲には無いものばかりだったので、画面に映るもの全てが新鮮でした。

テレビの向こう側の広い世界と、僕が住む、あまりにも何も起こらない田舎とのギャップが大きくて、地元から出たいという気持ちがどんどん強くなっていきました。

高校時代は無我夢中で勉強しました。田舎から出るためには進学するしかなかったからです。大学に落ちたら地元のダンボール工場で働くしかないと思い込んでいたので、必死でした。楽しいことはほとんどなかったですね。

将来は、テレビ番組の影響で科学者になりたいと思っていました。アインシュタインのドキュメンタリー番組を見て、俺が宇宙の謎を解くんだって、やる気満々でしたね。大学は理系に決めました、でも家が貧乏だったので国立大学のみという条件で進学しました。

真実を伝えるのがかっこいい

シェアして応援