1. >
  2. >

介護業界の「コミュニケーション」を推進し、
関わるすべての人が、幸せになる介護を。

上地 智枝さん/フリーの介護福祉士

はてぶ

【株式会社ティスメ提供:介護のしごとCH】フリーの介護福祉士として働きながら、「介護教育」の領域で活動を志す上地さん。自分が何をやりたいのか分からなかったところから、介護の業界へ足を踏み入れたきかっけは、姉の勧め。そこには様々な苦労もありましたが、それらを跳ね返して余りある、たくさんの喜びと笑顔がありました。

環境問題に興味を持つ

兵庫県宝塚市で生まれ、ずっとこの街に住んでいます。きょうだいは姉が2人います。

子供の頃は「内弁慶」な性格でしたね。家にいる時は、姉とワーッと喋って遊んだりするんですけど、学校行くと至って大人しいという。女の子同士のグループ内でもリーダー格の子にずっと従っている目立たないタイプ。親と姉たちの前でしか、自分を出せない子でしたね。(笑)

親のしつけや教育が、厳しいと感じたことはなかったです。両親ともほとんどの時間、外へ働きに出ていましたから。私は小学校の授業が終わると学童保育の施設にお世話になってしました。家ではお腹が空いたら自分でおにぎりを作って食べていましたし、そういった意味では、すごく自立した子供でしたね。両親はいつも忙しくしていたので、10個離れている一番上の姉に、いろいろ連れて行ってもらっていた記憶があります。

中学生くらいの頃から、環境汚染に興味を持ち始めました。テレビで、座礁したタンカーから重油が漏れたせいで、真っ黒になってる鳥の映像を観て「何じゃこりゃあ」と思ったんですね。それは私にとってすごくショックな映像でした。それに父が沖縄の人で、私自身も本籍が沖縄なんです。沖縄の珊瑚が死んでいくみたいな話題があるじゃないですか。ああいうのを耳にすると、子供ながらに「何とかししなきゃけないな」と思って、それから環境汚染全般に興味を持つようになったんです。

高校2年生になって、進路のことを考え出すと、環境を守るような仕事に携わってみたいなと思うようになりました。数学は嫌いでしたが、化学の成績だけはよかったんです。進路相談の時に先生に「化学が好きで、環境汚染に興味があって」と話すと、化学の専門学校があることを教えてもらいました。私は高校卒業後、その専門学校へ行くことに決めました。

専門学校卒業後、職場を渡り歩く