1. >
  2. >

愛あるからこそ、ロジカルに。
東京だからこその理想のウェディング。

遠藤 佳奈子さん/フリーウェディングプランナー

はてぶ

フリーのウェディングプランナーという未知の領域を開拓し、理想のウェディングを追求している遠藤さん。そこへ辿り着くまでには、両親からの愛情、様々な経験からの刺激、また多くの人たちとの出会いがありました。

女の子が苦手な女の子

兵庫県の宝塚市で生まれました。ちょっと変わった家族で、母はオペラ歌手、姉はサックス奏者、妹は女優さんをやってるという、私以外みんなアーティストという一家なんです。父は金融系企業で働いていましたが、音楽が好きで、いつも車の中ではオペラを聞いている人です。

両親は子供たちにこれをしなさいと、押し付けることはなかったです。でも何か一つ得意なものや熱心になれるものを持てるよう、導いてくれたと思います。色々なことにチャレンジさせてくれましたが、「何でもどうぞ」ではなく、本気なのかどうか、厳しくチェックされました。

母の子育てはいつも情熱的で、正面から向き合ってくれていましたね。幼稚園の時、欲しかったキティーちゃんグッズを、お店でいくつかくすねてしまったことがあります。それに気づいた母は、私を正座させ叱りました。その時初めて母の悲しそうな顔と涙を見ました。

その後、母は私を連れてそのお店に行くと、従業員の人に何度も頭を下げ、ひとつひとつ商品を返しました。私に「謝りなさい」とは一度も言いませんでした。だけど私の過ちを自らの過ちとして、深々と頭を下げる母の姿を見て、幼心にも「本当にしちゃいけないことをしたんだ」ということを痛感しました。

その後、どうして良いのか分からずに立ち尽くす私に、母は言いました。「どれか一つ買ってあげる」キティちゃんのバンドエイドを買ってもらい、手をつないで帰りました。この一件で母の愛情の深さを知りました。

私は昔から「効率主義」でした。群れることも苦手。多数決に飲み込まれるのが嫌いなタイプなので、女の子同士の仲良しグループでも、クラスでも、そうしたコミュニティに溶け込もうとするのではなくて、違うと思えば異を唱えるタイプでした。

そんな性格だったので、中学の時、仲の良かった子たちがいじめ始めた転校生ををかばったことがきっかけで、翌日から私がはぶられました。それにいち早く気付いてくれたのが、学年で一番のガキ大将で、「気にすんな。今日からお前の親友はオレや」と言ってくれたんです。

その日から中学時代は、親友は男の子でした。最高の親友を得た私は、誰よりも楽しんで中学校を卒業したと思いますが、女子がすごく苦手で育っちゃいましたね。

情熱の母、ロジカルな父