1. >
  2. >

母の想いをエンターテインメントに乗せて。
つらい状況にいる人を励ます存在になる。

西村 一輝さん/マルチエンタテイナー

はてぶ

演歌歌手、作詞作曲家、俳優、モデルなど、多面的に活動をするマルチエンタテイナーの西村さん。「漠然とした憧れ」でしかなかった芸能界を、本気で目指した背景には、つらい別れがありました。芸能活動に込めた想いを伺いました。

相手を打ち負かすのが好き

滋賀県草津市で生まれました。小さい頃から、アウトドアや自然の中で遊ぶのが好きでした。海に行き、顔にシュノーケルを付け、手に銛を持ち、タコやサザエを採っていましたね。

近所で一緒に遊ぶメンバーはみんな年上でした。何をしても敵いません。悔しくて、自然と負けず嫌いになったように思います。

小学校3年生の時に野球を始めました。ポジションはピッチャーです。負けん気の強さから、バッターと1対1で勝負して、ストレートで抑えるのが好きで。チームで勝つことよりも、強い相手から三振を取ることに快感を覚えました。

プロ野球選手になりたいと思い、中学生になってからは、部活ではなく地域の「ボーイズリーグ」のチームに所属し、練習に励みました。全国大会常連のチームでしたね。監督がユースの日本代表の監督を兼任していた縁で、日本代表チーム相手に投げさせてもらう機会がありました。闘争心が燃えましたね。結果、5回を無失点に抑え、打たれたヒットは一本のみ。自信に繋がりました。

学校では陸上部に入り、平日は陸上、土日は野球に打ち込む生活。プロ野球チームのトレーナーが指導する「野球塾」にも入り、本格的にプロ野球選手を目指していましたね。

ただ、練習に打ち込みながらも、自分が思ったことをやらせてもらえない環境に、違和感を感じていました。監督の言うことが絶対で、「こうしたらいいんじゃないかな」と思っても、自分で考えたプレーはできない。それが窮屈で、そのままだと野球が嫌いになってしまいそうで、高校は強豪校ではなく、自由にのびのびと野球ができそうな学校に進みました。プロ野球選手を目指すのをやめた訳ではなく、高校では楽しみながら野球をしたいと思ったんです。

芸能界への憧れと母の死