1. >
  2. >

運動を通じて元気になれるように、応援したい。
弱かった僕に元気をくれた運動への「恩送り」。

青木 宏和さん/運動を通じて元気に活動する人を増やす

はてぶ

屋外で自然に触れながら運動を行う「アウトドアフィットネス」のインストラクターとして活動する青木さん。小さい頃から身体が弱く、環境が変わると体調を崩していたものの、運動を楽しむようになってからは生活が変わったそうです。大手ITベンダーでSEとして働いていた青木さんがフィットネスのインストラクターをすることに決めた理由を伺いました。

運動によって健康状態が変化する

愛知県豊田市で生まれました。小さい頃から身体が弱く、体調をよく崩していました。自然が豊かな環境で育ったので、親からは「丈夫になるために、外で遊んできなさい」と言われ、積極的に外に連れ出されていましたね。

小学生から野球を始めて、定期的に運動をするようになると、体調をあまり崩さなくなりました。中学でも野球を続けて打ち込みました。

高校からは地元を離れて、東京に上京しました。東京の学校に通ういとこと会う度に東京の話を聞いていたので、「自分も外の世界を見てみたい」と思ったんです。

高校に入学してからは、寮に入りました。自分の意志での上京でしたが、突然環境が変わったため、ストレスで不眠症になりました。寝不足であまりアクティブに活動できない日々が続きましたし、腰を痛めて野球を離れることになってしまい、地元に帰りたいと毎日思っていましたね。

大学に進んでからは、先輩の姿に憧れて、ダンスサークルに入りました。全国優勝をするようなサークルで、朝から晩まで練習に打ち込みました。再び運動に打ち込むようになったこともあり、高校時代とは一転して、充実した生活でしたね。

海外に興味があったので、3年生の時にカナダのバンクーバーに留学しました。上京した時と同じように、「もっと外の世界を見たい」という気持ちでした。ITの分野にぼんやりと関心があったので、英語を学びながらプログラミングが勉強できる学校に入りました。

バンクーバーは海にも山にも行ける場所だったので、学校が休みの時には積極的に旅行しました。遊びも含めて全て勉強だと思っていましたね。世界遺産に指定されているカナディアンロッキーは特に印象的でした。自然の雄大さに圧倒され、他の世界遺産も見てみたいと思うようになりました。

ダンサーの家にホームステイしていたので、ホストファミリーに連れられて子ども向けにダンスを教えることもありました。外国語で伝えなければいけない難しさはありましたが、子どもが踊れるようになっていく姿を見れて、とてもやりがいがありました。

自分も先輩にダンスを教わったことを思い出し、「恩送り」を感じましたね。ぼんやりとですが、将来は、「人が何かをできるようになる手伝い」をしたいと考えるようになりました。

運動から遠ざかっている人の背中を押したい