新しい業界を創ってきた経験を還元したい。
社会の流れとともに、社会貢献を。

喜多埜 裕明さん/知識や経験を社会に還元する

はてぶ

ビジネスや政治・スポーツの領域で、ヤフーのCOOやソフトバンクの役員で培った経験を還元したいと、話す喜多埜さん。教員免許を持ち、大学卒業後10年間ニューヨークでの塾講師を経て、創業期のヤフーに参画。ユニークな経歴の背景には、社会の流れとともに進化を続けていきたいという考え方がありました。

進路に悩んで、ニューヨークで塾講師に

神奈川県横浜市に生まれました。中高と地元の学校に通い、卒業後は早稲田大学の教育学部に進学しました。明確な将来の進路の展望は持っていませんでしたが、教師をしていた叔父の影響で教育に馴染みがあり、教職課程がありかつ民間就職の選択肢も残せる環境という基準で選びました。

大学に入ってからは、もっぱら遊び中心の生活でした。朝は必ず海に行ってサーフィンをしてから大学に向かい、出席が厳しい授業以外はサボって、アルバイトをしたり、麻雀をしたり。企画・イベントサークルに入り、学園祭で企画をしたり、自分たちでパーティーを開いたり、派手なことが好きでしたね。大学に芸能人を呼んでイベントを開いたり、雑誌やテレビを巻き込んでミスコンを企画したり。何か企画を考え、自分で運営することにやりがいを感じていました。

大学時代は塾講師のアルバイトをしていました。深く考えずに始めたのですが、元々教職志望ということもあり、小中高生に向けて授業をするのは面白かったですね。決められた授業時間の中で、どんな流れで何を教えるかひたすら考えました。塾でも企画を考えているような感覚でしたね。「授業を聞くだけで頭が良くなる人はいない」思っていたので、学習するときの要点だけを覚えてもらうようにしました。実際に生徒の成績につながった時は、やりがいを非常に感じましたね。

教員免許は取りましたが、就職活動の時期になっても、一般企業から国家公務員まで、将来の進路を全く絞れませんでした。そんな状況で、バイト先の学習塾がニューヨークに拠点を展開することになり、「正社員になってニューヨークで働かないか?」という誘いを受けました。英語は話せませんでしたし、飛行機に乗ったことすらなかったので戸惑いました。親や仲間に相談してみると、予想に反して「ニューヨークに行けるなんていいじゃん」と薦められ、「みんなにも薦められるし、何事も経験かな」とそのまま就職することに決めました。日本での就職はニューヨークに行った後でもできる、という考えもありましたが、どんどん日本人が海外に進出していた時代で、可能性を感じたことが決め手でした。

現地では、日本人の学生に向けて、帰国後の日本での受験のための対策や進路相談を担当しました。日本では、塾は学校の授業の補助的機能ですが、アメリカでは、日本国内と同じカリキュラムを学ぶ機会は塾にしかありません。生徒からの頼られ方が全く変わり、非常に大きな責任の伴う仕事でした。最初は数年で転職しようと考えて働き始めたのですが、現地法人の成長に伴って、ニューヨークだけでなくロサンゼルスやシカゴでも教えるようになり、仕事のやりがいもあって、のめり込んでいきました。

インターネットの可能性に惹かれ創業期のヤフーへ

シェアして応援