1. >
  2. >

漫才を通して、日本酒の一番の紹介者になる。
自分が役立つところに全力で。

北井 一彰さん/きき酒師の漫才師

はてぶ

【KURAND協力:日本文化チャンネル】きき酒師の漫才師「にほんしゅ」として、日本酒とお笑いを掛けあわせた活動をする北井さん。中学生の時から目指し続けた漫才師として、着実にキャリアを積む中で訪れた、大きな転機とは。お話を伺いました。

憧れの漫才師になるために

僕は兵庫県姫路市で生まれました。よく喋る性格でしたが、学級委員もやったりと、比較的真面目な子どもでした。運動も好きで、野球に夢中になっていましたね。

それが、中学生の頃からは漫才師を目指すようになりました。お笑い劇場「baseよしもと」のお笑いライブをテレビで見て、衝撃を受けたんです。関西圏で育ったこともあってお笑いは身近でしたが、他の番組と全然違いました。劇場の文化も含めた全てに憧れを抱き、「これをやりたい!」と思ったんです。

それからは、漫才師になることを目標にして、ネタを書き始めました。高校では同級生とコンビを組み、文化祭でネタを披露したり、テレビの公開オーディションに参加したりしていました。性格的にボケではないので、ツッコミをやりたいと思っていましたね。

ただ、高卒でお笑い学校に入っても、自分には「売り」がないと思っていました。そこで、学歴や大学での経験も強みにするため、兵庫の大学に進学。2回生からお笑い学校に通うと決めて、1回生の時にはボクシング部に入りました。格闘技も好きだったので、悔いが残らないように、お笑いを本格的に始めるまで大学生活を謳歌したいと思っていたんです。

2回生の時にお笑い学校に入学して、大学と並行で通い始めました。ふたつの学校に通いながらバイトもする生活は大変でしたが、やっと漫才師への道をスタートできたので、楽しかったですね。お笑い学校を1年で終えてからは、そのまま事務所に入り、同期とコンビを組んでお笑い活動を始めました。

場外ホームランを打てる道に行こう