私は千葉県富里市に生まれ育ちました。両親が共に音楽好きだったため、中学に入ってからは吹奏楽部でトランペットを始め、全国大会を目指す強豪校で、とにかく部活に打ち込む学生生活を過ごしました。練習は大変なものの、一人では完成しないものを複数人で集まって作り上げるのは非常に楽しく、みんなで一つの大きなことを成し遂げるやりがいを強く感じ、最終的には東関東大会にも出場がすることができました。

その後、高校からは吹奏楽の合同練習で憧れていた国際系の学校に進学しました。新しい環境でも目指すのは全国大会、1・2年ではマーチングを経験し、3年生ではブラスバンドで再び東関東大会に進みました。

そういった環境にいたこともあり、音楽の道に進むことも考えたものの、幼なじみですごく楽器が上手い人がいて、自分と比べてしまう面もあり、他の世界を見てみようかなと考えるようになっていきました。

特に、元々英語がものすごく苦手だったのですが、国際系の学校に入ったことで、語学を学ぶことを面白く感じるようになったんです。また、小学生の頃から歴史の授業が好きで日本文化にも関心があったため、英語を勉強して、海外から来た人を日本で案内するような通訳案内士の仕事に憧れを抱くようになりました。

そこで、高校を卒業してからは、外国人の先生が多く雰囲気が良かった外語大への進学を決めました。実際に大学生になってみると、新しい世界が広がるような感覚がありましたね。今までは音楽だけだったのが、こんなに選択肢があるんだという発見がありました。

そんな中、大学ではアカペラのサークルで音楽に関わりつつ、語学を通じて何か人の役に立つことがしたいという思いから、東南アジアに滞在し、現地で家を建てる活動を行うNGO団体に入ることに決めました。

最初は団体の活動資金を募る街頭募金活動を行い、大学一年の夏に初めてインドネシアに行ってみると、大きな衝撃を受けました。屋根がベッドに突き刺さっていたり、至る所にゴキブリがいたり、「こんな所に人が住んでいるんだ」と驚きましたね。

現地では、古くなった家を壊し、新しい家を現地の大工さんの指導の元作っていく作業を行いました。異国から来た若者が肉体労働に励む姿に、作業を町の人が集まって眺めるようになり、次第にコミュニケーションが生まれていき、最初は遠い目で見ていたのが、最後にはコミュニティの一員として受け入れてもらうことができました。

そして、実際に家が完成すると、大きな達成感を得ることが出来ました。元々、家主の奥さんが自宅でお菓子屋さんや雑貨屋さんを開きたいという夢を持っており、その実現につながったのではないかという嬉しさがあったんです。帰国時には、なぜ日本に帰るんだと引き止められ、“You are family”という言葉もかけてもらいました。本当に家族になれたような感覚で、人生の節目に立ち会えたことに達成感を抱きながら帰国しました。