1. >
  2. >

狂言を次世代に繋ぐ役目として。
現代社会の中で狂言が役立つ可能性とは。

十世 三宅 藤九郎さん/狂言で世界に笑いを届ける

はてぶ

室町時代から続く狂言。その和泉流宗家に生まれ、職分家である三宅藤九郎の名を襲名した、十世三宅藤九郎さん。伝統を受け継ぐ家庭に生まれ育つとは、どういうことなのか。お話を伺いました。

和泉流宗家の次女として生まれる

私は狂言の和泉流十九世宗家、和泉元秀の次女として生まれました。伝統に従い、1歳半の頃から稽古を始め、3歳で初舞台を踏みました。そんな小さな頃から狂言の稽古をするのがあたりまえの環境でした。

また、私は姉とともに「女性初の狂言師」として育てられました。それまで「子方」(子役)が必要な演目のために小さい頃に舞台に立った女性はいましたが、一人前になるために修行を続けるのは初めてだったんです。業界的には、女性が一人前となった後に仕事として狂言を続けられるかもわからない状況。その状況でふたりの娘に稽古をつけ続けた師匠である父の信念は、相当なものだったと思います。

師匠は厳しい人でした。稽古ではできなければ怒鳴られることも、時には扇が飛んでくることもありました。狂言は口伝でのみ継承されていくので、師匠との稽古で必死に覚えていきます。何事も3回で覚えるように言われて、常にその時にできる100%の力で臨んでいました。

厳しい環境ではありましたが、狂言をやめたいと思ったことはありませんでしたね。父の舞台は面白くてカッコよくて、それを見ていると自分も同じようにできるようになりたいと思うんです。また私にとって狂言は「守らなければならないもの」で、好きとか嫌いとかいう次元ではなく、次の世代に繋いでいくべきものだと考えていました。個人的な感情より、狂言を伝えていくことの優先度がすごく高いんです。

そのため、とにかく目の前の稽古と舞台に集中する毎日を送っていました。そして、14歳の時に祖父から職分家の「三宅藤九郎家」を継ぐことが決まり、16歳で襲名しました。その家と名前を継ぐことがどれほど大変なことなのかを心配するより、純粋に、それが家を守るためには一番なんだという気持ちでした。

立ち戻ってくる自分の軸