1. >
  2. >

仕事場も思考も「スッキリ」させましょう!
「かたづけ」を仕事にする生き方。

小松 易さん/かたづけ士

はてぶ

日本初の「かたづけ士」として、かたづけ研修や経営者へのかたづけコンサルティングを行っている小松さん。ものを集めるのが好きだった子供時代から一転して、ものを減らして整理するかたづけの魅力に気づくには、どのような体験があったのか。お話を伺いました。

ものを集めることで自信を補う

私は北海道で生まれ育ちました。生まれつき体が細かったので、小さな頃から自分に自信を持っていませんでした。その分、何かを所有することで自信を持ちたいと思ったのか、ものを集めることが好きでした。ケシゴムやブロマイド、キーホルダー等を収集していたんです。また、知識欲も強く、本を集めるのも好きでしたね。

大学生になってからも、漫画やカセットテープ、ビデオなどを集める「収集コレクター」でした。群馬の高崎で一人暮らしをしていましたが、部屋はもので溢れていたんです。

大学では経済を中心に学んでいましたが、英語が好きだったので、将来は英語を使う仕事をしたいと漠然と考えていました。日本の企業に勤めつつ、海外赴任などをして英語を活かせたらと。

就職活動では、最終的に、先輩の勤めていたゼネコンに就職を決めました。業界の中では中堅のポジションで、会社としても勢いがあり、大手よりも制約なく色々なことに挑戦できることに惹かれたんです。やりたいことは具体的に見えていたわけではありませんが、どの会社に入っても自分次第だと思っていたので、語学を活かす道もあるだろうと。

また、就職が決まった大学4年生の時に、学内でアイルランドとの交換留学制度が始まり、留学のチャンスが舞い込んできました。そこで、一期生としてダブリン市立大学に留学することになりました。

ものを持つよりも経験を積み重ねることの大切さ