1. >
  2. >

アトピーで苦しむ人がいない社会へ。
自分がやるしかないという使命感、最後の挑戦。

野村 千代さん/アトピーに悩む方へのソリューション提供

はてぶ

アトピーに悩む方々が、部位・症状別にアトピー対策を投稿・閲覧できるようなSNS「untickle(アンティクル)」を運営する野村さん。アトピーをキッカケに休学や退職を余儀なくされてしまった経験から起業を志すまでには、「自分がやらなければいけない」という強い使命感がありました。

アトピーの悪化で追いつめられ、たどり着いた思い

私は韓国と日本のハーフとして、韓国に生まれました。出生はソウル特別市でしたが、幼少期に日本に渡ってからはずっと日本で暮らし、母国語は日本語、母とは普段から韓国語で話すので、日常では日本語と韓国語を環境に合わせて使っていました。そして、テニスに打ち込んだ学生生活を経て高校の卒業を迎えると、2カ国語を使っていた経験や、英語が好きだったことから、将来は通訳になろうと考え、都内の私大の国際文化学部に入学を決めました。

しかし、大学での勉強はそこそこで、興味のある科目のみ真剣に取り組み、もっぱら年上の先輩や親戚と飲み歩くような生活を過ごしました。サークルには所属していなかったのですが、遊び中心の大学生でしたね。

ただ、大学三年生になり、就職活動が近づいて来た夏頃、幼い頃から患っていたアトピーが悪化し、体調を崩すようになってしまったんです。物心ついた頃から馴染んでいたステロイドという薬を、噂で聞いたにわか知識で使用するのを止めると、急に症状が悪化してしまったんですよね。かすり傷のような痛みに加え痒みがあり、24時間それが続くため、あまり眠れなくなってしまい、一旦大学を休学することに決めました。

そして、家でじっとしている療養生活を始めると、次第に精神的な余裕も無くなっていきました。見た目に変化が出る症状のため、鏡を見ることが怖くなり、ついには明かりすら恐怖に感じ、雨戸を24時間閉めてしまうような生活になっていったんです。ある時から、「なんで生きているんだろう?」と考えるまでに至りました。

ただ、じゃあ死ぬのかというと、やはり怖くて踏み切れない自分もいたんです。「やっぱり怖いな」というのが正直な気持ちでした。すると、鬱々とした気持ちは、段々と怒りに近い感情に変わっていき、「死んでいる場合ではない、何か元をとらなければ死ぬこともできない、今にみてろ!」と考えるようになっていきました。

その後、時間はかかったものの少しずつ症状が軽くなっていき、1年休学をした後に、大学に復帰できる状態まで回復しました。

組織では働けないかもしれない