1. >
  2. >

壁のように人の幸せな環境を守れる人でいたい!
三井物産からスタートアップへの挑戦。

室岡 拓也さん/人の幸せを守る環境づくり

はてぶ

【共同創業の選択特集】第ニ弾は、強い想いを持つ人を包括的に支援する、株式会社ボーンレックスの室岡さんです。人の幸せを守れる人間でいたいと志し、「壁」「戦隊物のヒーロー」「時代劇の将軍」「弁護士」「金融マン」「商社マン」と少しずつ目標を変えながら、なぜ今の事業にたどり着いたのか?お話を伺いました。

人の幸せを守れる人間になりたい

私は東京の目黒区で生まれ育ちました。小さい頃、『ネズミの嫁入り』という絵本を読み聞かせてもらうことがありました。ネズミの「チュー子」が結婚相手を探す年頃となり、「世界で一番強くて私を守ってくれる人」を探すお話でした。

幼いながらにその生き方に憧れ、絵本の中で2番目に強かった「壁」になりたいと本気で思っていました。「1番は壁に穴を開けられるネズミ」という絵本の結末には違和感があり、個人的な1番は壁だったんです。

成長するに連れ、将来の夢は「壁」から「戦隊物のヒーロー」に変わり、「時代劇の将軍」へと徐々に変化していき、少しずつ「人」に近づいていきました。ただ、根底にあるものは変わらずに、「人の幸せや、その人の考え方を守れる強い存在でいること」でした。

そして、小学5年生の時、テレビで集団訴訟の特集を見た時に、弱者を救済するために立ち上がった「弁護士」の姿に感銘を受けました。この時、将来は弁護士になると、ようやくこの世で本当になれる夢を見つけた瞬間でした。(笑)

将来弁護士になるため、中学生の時から刑法を読み始め、高校生になると東京大学進学専門の塾に通い始めました。「東大以外は大学ではない」とうのが口癖の塾で、私もその通りしっかり教育され、東大文一以外には行く気がありませんでした。

ただ、親から浪人は許さないと言われ、慶應義塾大学経済学部も受けることにしました。経済学部であれば、万一、第一志望に落ちた場合でも、「慶應経済では法律の勉強はできないから行かない」と反抗できると思ったのです。

ところが、東大には手が届きませんでした。もちろん、当初の計画通り親に反抗したのですが、本当に浪人はさせてもらえず、慶應経済に進学することになってしまいました。私はふてくされ、大学にはほとんど行かずに、資格学校で法律の勉強ばかりするようになりました。

変えられない過去を嘆くよりも、今この瞬間から未来に進みたい