クリエイターを目指す学生の未来を創る。
美大からスタートアップを経て描く、次の挑戦。

後藤 あゆみさん/クリエイター支援

はてぶ

フリーランスとして、クリエイターの新しい働き方を考えるイベントや、クリエイターを目指す学生のミスマッチを防ぐための活動を行う後藤さん。美術系の高校から、美大・スタートアップ企業を経て独立というユニークな経歴の背景にはどんな思いがあったのか、お話を伺いました。

アートへの関心から美大へ進学

私は大分県別府市に、5人兄弟の4番目として生まれました。物心ついた頃から絵を描くことが大好きで、毎日何かしら絵を描いて過ごしていました。田舎に住んでいたため、周りに遊び場が多くないこともありましたし、父親が公務員で、役所の中で美術系のイベントの担当をしていたこともあり、アートへの関心はより一層深くなっていきました。3歳・4歳にも関わらず、「1日3枚は必ず洋服のデザイン画を描く」というノルマを儲けていた時期もあり、ストイックに打ち込んでいましたね。

元々、母がたくさん習い事をさせるタイプだったので、水泳・バスケット・書道・ピアノと色々なことに取り組んだのですが、最終的には美術の教室が一番合っており、その先生の薦めもあり、高校は県立の芸術高校の美術科に進学しました。特に将来何になりたいか決まっていた訳ではないものの、純粋に「美術が好きだから、その分野をより深く学べる学校に」という一心でした。

高校からは、英語・数学以外の勉強系の科目が1年目で終わり、後はほとんど実技の授業という、徹底的に美術に取り組む環境となりました。特に、半年に一回、成果に対して順位がつく機会があったため、皆朝から晩まで実技に取り組むことがあたりまえのような状況でした。

特に私自身、負けず嫌いな性格のため、朝は始発で学校に行き、学校が閉まるまで教室にいました。「絶対に1番になってやろう」という気持ちに駆り立てられて生活していましたね。

その後、2年生になってからは将来の進路についても考えるようになっていきました。元々、5人兄弟で他の兄弟は大学に進学していないこともあり、親からは専門学校に進学するよう言われていたのですが、関心があったファッション系の学校を見学してみると、業界自体の雰囲気が合わないと感じてしまったんです。また、それまで必死に努力して実力をつけてきたため、美大に進学したいというのが本音でした。周りで美大の受験勉強をしている友人を見ていてうらやましく感じていたんです。

そこで、生まれて初めて親に反抗し、「美大に進学したい」と伝え続けた結果、最終的に父親から「行きたい所に行きなさい」と言ってもらうことができました。そして、オープンキャンパスを通じて雰囲気に惹かれていた京都の美大にAO入試で進学することに決めたんです。合格が分かった時は、「これで心置きなく4年間勉強できる」という嬉しさで一杯でしたね。

自ら創るのではなく、クリエイターの支援がしたい

シェアして応援