人工知能を使いアパレル業界の未来を切り開く!
研究者ではなく、起業の道を選んだ理由。

渡辺 祐樹さん/人工知能を使って人の感性を可視化する

はてぶ

人工知能技術を用いたファッションアプリ「SENSY」の開発等を行う、カラフル・ボード株式会社の渡辺さん。学生時代に、研究者から起業の道を決める背景には、どんな思いがあったのか。「夢の実現のため、考えるだけでなく動き続けたからこそ見えてきたものがたくさんある」と語る渡辺さんにお話を伺いました。

人の頭の中にあるものを可視化する人工知能に惹かれる

私は高知県の土佐清水市という田舎町で生まれました。1学年は20人ほどで、幼稚園から中学生まで同じメンバーで過ごすような環境で育ちました。テニスやサッカーなど、スポーツは好きでしたが、性格的にはどちらかといえば落ち着いていましたね。将来はサッカー選手になりたいと思いつつも、そこまで現実的ではありませんでした。

高校は高知市の進学校に進み、大学は慶應義塾大学の理工学部に進みました。そして大学3年生で研究室を選ぶ時には、「人工知能」を選択することにしました。

元々物理が好きで、世の中の事象を、シンプルな計算式で表せることに魅了されていました。その中でも、人工知能は人の頭の中にある感覚や感性といった「目に見えないもの」を可視化できるところに面白みを感じたんです。

研究に没頭するようになり、2週間ほど家に帰らないような時もありましたね。論文の成果も認められるようになり、将来は研究者の道に進もうと考えていました。

一方、興味のあることには何でも取り組む性格だったので、3年生の時には、友達と家庭教師の派遣事業を立ち上げました。どうせ自分で家庭教師をするなら、みんなと一緒に行った方が広がりを出せると思ったんです。

ただ、この事業を一生続けようとは思っていませんでしたし、事業もうまくいきませんでした。営業に苦手意識があり、チラシを置いてもらうお願いをしにいくのも緊張してしまったし、どんなエリアにチラシを置けばいいのかも分からなかったんです。結局、事業は半年ほどでたたむことにしました。

新しい技術ではなく、新しい産業を生み出したい

シェアして応援