1. >
  2. >

未来の自分に健康をプレゼントしませんか?
母が感じた辛さに気づき、決めた道。

永田 京子さん/更年期フィジカルケアインストラクター

はてぶ

エクササイズと更年期の事前知識の提供、対話などを通じて、更年期をむかえる女性をサポートする「ちぇぶら」の代表を務める永田さん。 もとは役者として活動していましたが、仕事に生きるのではないかとピラティスを始め、様々なきっかけから現在のように更年期をサポートする活動を行うようになったそうです。 いったいどのような背景があったのか、お話を伺いました。

上手くいかない、母親との関係

私は兵庫県の姫路市で生まれ育ち、小学校では手芸部に入って、
スポーツをすることもほとんどないような、とても内気な性格でした。

しかし、中学入学時に、活発な姉の影響を受けて、 姉と同じバレーボール部に入部を決めたんです。
それまでは身体を動かすなんてもっての他でしたが、練習だけでなく、
先輩後輩といった上下関係などの厳しさに耐えていくうちに、身体も心も強くなっていきました。

高校生になると、バレーボールは辞めて演劇部に入ることにしました。
表現することは楽しく、 みんなで何度も練習を重ねて一つのものを作り上げる達成感や喜びがあり、
演劇を好きになっていったんです。

一方、家庭では父が単身赴任、姉も独立していて、母と二人で生活していました。
この頃、母は毎日イライラしていて、私も反抗期を迎え、母とほとんど口を聞くこともなく良い関係性ではありませんでした。

一度、激しく言い合いになり、母が包丁を持って迫ってきました。
私はこのままこの家に住み続けることに限界を感じ、家を出て、友達の家で居候をする生活をするようになりました。

旅をする中で巡りあった、キラキラした世界