私は東京の浅草で生まれました。
2人兄弟の次男だったこともあり、小さい頃からシャイで引込み思案な性格でした。
小中学生の頃はバスケットボールを、高校に入ってからはバンドに夢中になっていましたね。
しかし、将来やりたいことは特になく、高校卒業後は周りのみんなと同じように、なんとなく大学に進学することにしました。

大学に入ってからはテニスサークルのテンションについていけずにすぐ辞めて、
同じような友だちと一緒にフットサルサークルを立ち上げました。

また、おしゃれな友だちに影響されてファッションを好きになっていきました。
ただ、自分がほしい服のイメージが頭の中で明確にあったので、そのイメージに沿った既成品を探すのには苦労していました。
そこで、自分でつくってしまうことにしたんです。
携帯ストラップやブレスレット、シルバーアクセサリなどを自作するようになり、友だちからの評判も良かったですね。

そして、将来は自分の手でなにかつくる仕事、
特にファッション関係で自分のブランドを作ってメッセージを発信したいと思うようになりました。
そこで、就職活動ではアパレル企業だけを受けていきました。

しかし、1社も選考を通らなかったんです。

ただ、大卒でアパレル企業に入って販売や企画の仕事をするよりも、自分でものをつくれるようになりたいと考えていたので、
大学卒業後は服飾系の専門学校に進学することに決めました。

それまで明確にやりたいことがなかった中で、初めてやりたいと思えたことだったので諦めたくなかったんです。