働きながら旅をする!
僕がワークスタイルの「実験」をする理由

松田 然さん/会社代表兼ライター

はてぶ

自らの仕事・生活を以て、「ワークスタイルの実験」をしていると話す松田さん。 自転車で旅をしながら、会社経営・ライターの仕事を行う背景には、ご自身の原体験に基づく、社会へのメッセージがありました。

やりたいことが急に降って来た

小さいころは、地元のプロ野球チームの西武ライオンズやサッカー J リーグなどの試合をよく見に行っていましたね。
お小遣いが少なかったのでスタジアムまでは自転車で。
そして、試合を見てすごく感動して、スポーツっていいなって感じたのを覚えています。

高校では、受験ギリギリまでバスケ部に注力し、大学も体育系の学校に入りました。
ほとんどの人が教員を目指す中、僕は小さいころから好きだったスポーツを、今度は提供する側になりたいと思い,
「スポーツ・マーケティング」という分野の勉強をしていました。

でも、スポーツ業界は狭き門。そのまま、流れで就職活動に入るのも嫌だったので、早くからいろいろな会社を調べていましたが、
一般企業は「なんか違う」と思ったんですよね。

一旦リセットして、就職活動を辞めて、旅に出ることにしたんです。
今考えれば若気の至りに近いのですが、自転車で旅をする中で、いわゆる「自分探し」をしていました。
タイムリミットも迫って来ていたので、大学4年の4月になってもやりたいことが見つからなければ、
もう一度就職活動をして、どこかの企業に就職しようと思っていましたね。

やっぱり現実はドラマのように行くわけもなく、期限通りにはやりたいことが見つからなかったのですが、
4月7日の夜、寝ていたら急に降って来たんです。
仕事・趣味問わず、とにかく一気に湧き出て来て、一生懸命ノートに書き出したんですよ。
自分がやってみたいと思うことが、ついに見つかった瞬間です。

その第一歩として、海外で働き、本場のスポーツ・マーケティングを体感したり、
好きな自転車で海外を旅することにしました。
現地では、スポーツのスタジアムで働かせてもらい、自分がやりたいことに近い経験ができたんですよね。
夏のカナダも自転車で心ゆくまで走りました。

そのまま現地で働きたいというという気持ちもありましたが、日本のスポーツを盛り上げたいという気持ちから、
1年間のビザの期間を終えて、日本に戻ることに決めました。

働くって大変だな

シェアして応援