街の文脈を生かした建築で、笑顔を生みたい。
不安を「オリジナル」に変える、こだわりとは?

後藤 真行さん/デベロッパー

はてぶ

デベロッパーとしての立場を中心に、オフィスビルや商業施設への不動産投資に携わる後藤さん。音楽家を志し、音大の進学を考えていた高校生から、親の反対を受けて建築の道を選んだ過去がありました。そんなスタートを切った後、現在に至るまでにはどんな思いがあり、これから何を目指すのか、お話を伺いました。

親の猛反対を受け、ぼんやり決めた道

神奈川県の横浜市で、生まれ育ちました。

両親が仕事でアメリカに住んでいた影響で、
物心がついた頃から、外国にいる友人のところへ遊びに行ったり、
アメリカ時代の写真がたくさん飾ってあって、
幼いながら「海外っていいな…」と、日本ではない国を意識していました。

また、親の教育方針は「やりたいことはなんでも、自分の力でやってみなさい」という感じで、
中学からは、吹奏楽部に入りました。
体育が嫌いで運動には自信がなかったので、文化系の部活に入ろうと思ったんです。

吹奏楽部では、打楽器を選びました。
理由は、裏方っぽく見えて、実は演奏全体を支配できること、
そして複数人で同じ楽器を担当する他の楽器と違って1人で1つの楽器を担当できるから、
責任重大なのが良かったんですよね。

そのまま高校でも吹奏楽部に入り、関東で6位の成果を出すまでに成長しました。
そんな追い風もあり「将来は音楽で食べていくために音大に行きたい」と親に伝えると、
「音楽で食っていけると思うのか!」と人生初の猛反対を受けたんです。

まさか反対されるとは思ってなくて、「なにくそー!!」と悔しい思いをしました。
しかし、押し切るだけの自信もなくて、音楽の道は断念することにしたんですよね。

その後、「じゃあ、何をしよう?」と考えてみると、
もともとは音楽を演奏して人が笑顔になることがモチベーションだと思い返したんです。
そこで、もっと違う視点から人を楽しませることは無いのか?と思うようになりました。

そして、思い浮かんだのは建築という分野でした。
直感的に建築士という職業に憧れを抱いていたこともありましたし、
数学や美術も得意だったんですよね。
そんな考えから、卒業後は、都内の私大で建築を専攻することに決めました。

価値観を一変させた衝撃の旅

シェアして応援