税理士法人がシェアオフィスも運営?
未来永劫、幸せを生み出し続ける組織とは。

二瓶 正之さん/税理士法人、シェオフィスの経営

はてぶ

税理士法人を経営し、最近では人形町でシェアオフィスの展開も始めた二瓶さん。社員、クライアント、社会の幸せを追求し、後世にまで続く組織をつくりたいと考える背景にあるストーリーを伺いました。

サラリーマンは無理そうだ

私は新潟県で、旧家であるに二瓶家12代目の当主である父の、次男として生まれました。
旧家と言っても農家で裕福ではないものの、家は厳格で、毎朝起きたら雑巾がけをするような生活でしたね。
ただ、父が織物工場を経営して始めてからはそれなりの生活を送れるようになりました。

また、私は運動が好きで水泳大会などに出る一方で、勉強は全くできず、
小学校2年生の時に担任の先生から「1年進級を遅らせようか?」という話が出たほどでした。
しかし、その後は徐々に周りに追いつき学級委員なども務めるようになり、高校も進学校に進むことができたんです。

ただ、高校ではバスケットボールに熱中していき、勉強なんて全くしないようになっていきました。
そんな生活を送っていた時、父の会社の税理士のゴルフにキャディとして付き添ったことがありました。
すると、1万円もお小遣いをくれて、父にも「税理士は儲かるぞ」なんて言われたんです。

それまで父の姿を見て、自分もサラリーマンとして使われる側にはなりたくない、お金お稼げる人間になりたい、という気持ちもあったので、
将来は税理士になるのもありかな、なんて思い始めました。

その後、大学受験は勉強をしていなかったので、どこにも受かることができませんでした。
父からは浪人はさせないと言われていたので、それなら会計の専門学校に行こうと資料を取りよせて見ていました。
すると、そんな姿を見た父から「お前は3月生まれだから1年くらいなら浪人してもいいぞ」と言ってもらったんです。

そして高校卒業後は東京で3帖一間の部屋に下宿しながら、受験勉強に励みました。
さすがにこの時は勉強しないと不味いと思って必死にやり、明治大学の商学部に進学することが決まりました。

モラトリアムな大学生活

シェアして応援