私は大阪で生まれ育ちました。特別クセのない、ごく普通の小学生だったのですが、小学校4年生の時に、仲良くしていた友だちから突然いじめられるようになりました。いつも仲良しだった友だちが、ものを隠すようになったり、一緒に帰ってくれなくなったりして、悲しかったし、何か悪いことをしてしまったのかと考えるようになりました。

しかし、5年生になると突然いじめはなくなって、今まで通り仲良くできる生活が戻ってきました。特に自分が変わったわけでもなかったのに。この時に、当たり前ですが、「環境によって人は変わるんだな。」ということを強く感じました。自分ではコントロールできない、「理不尽な環境」によって苦しんでいる人が他にもいるんじゃないかと思うようになりました。

そこで、高校生になると、将来は心理カウンセラーになりたいと思うようになり、人の成長過程の人格形成と周囲の環境との関わりを勉強するため、大学は発達心理学を学べる学部に進みたいと思うようになっていきました。しかし、現役では合格することができず、浪人することになりました。