マイノリティーをエンパワーメントしたい。
フィリピンの竹ジュエリーで伝えたいこと。

山下 彩香さん/ジュエリーブランド代表

はてぶ

フィリピンの北ルソン地域に住む山岳先住民族の生き方にインスピレーションを受けてデザインされたジュエリーブランド「EDAYA」を立ち上げた山下さん。地域文化を継承していくことで、マイノリティが発信する力を強めたいと語る背景にはどんなものがあったのか、お話を伺いました。

人の心に興味を持つ

私は福岡県で生まれましたが、生まれてすぐに引っ越して神奈川県で育ちました。生まれつき左耳が聞こえなかったのですが、周囲の友だちには隠していました。日常生活はそこまで不便ではなかったのですが、左側から小さい声で話しかけられると聞こえず、映画館等で座る位置とかは気にしたし、聞こえなかった時も冗談等を言ってばれないようにしていました。

知られたら周りの人が離れてしまうのではないかと、いつも人の顔色を伺っていましたね。この頃から、人の心の中が知りたいと、心のどこかで思うようになっていました。

一方で、「自分にしかできないこと」にこだわりがあり、将来は戦場のカメラマンや国境なき医師団のような、第一線で働く仕事をしたいと思っていましたし、何に対してもやるなら一番を目指したいという思いがありました。

そこで、高校生になってカナダに1年間留学し、大学は医学部を目指していました。しかし、受験期間に帚木蓬生さんの『閉鎖病棟』や、24の人格を持つビリーミリガンの小説を読む中で、人の精神や心により関心を抱きはじめ、人の心と頭はどうやってつながっているのか、どうしたら人の心は動くのかを考え始めました。そういったことに関わる認知心理学という学問があると知り、そちらを目指すようになったんです。

そして一浪の末、東京大学の理科Ⅱ類に進学することができました。

劇団表現を通じてみつけたもの

シェアして応援