最終的な目標は「善い人」です。
ネガティブだった僕が歩んだ「運がいい」人生。

大柴 貴紀さん/スタートアップ支援

はてぶ

ベンチャーキャピタルにて、投資先企業の支援に携わる大柴さん。関わる人を幸せにすることで、最終的には「善い人」を目指すと話す背景には、どのような考えがあるのでしょうか?

自分のお葬式のために、「善い人」でいなければ

小さい頃から、わりと優等生タイプの子どもでした。
中学校では成績が常にトップ5位以内で、全国でも強豪のソフトボール部にも所属していました。

高校受験の時期を迎えると、偏差値的には一番行きたい都立校に届いていたのですが、
妹が一個下で、連続してお金がかかることもあり、
「万が一不合格で私立に行くことになったら悪いな」という思いから志望校を下げて受験することに決めました。

かなり心配性だったんですよね。

そんな経緯で高校に入学したので、トップを狙えると思っていました。
ところが、入学して最初の実力テストで、まさかの下から10番くらいをとってしまったんです。
世の中甘くないな、と思いましたね。

また、中学3年の頃から母の体調が悪く、入学した4月1日に入院をすることになりました。
そして、高校1年の8月、母が亡くなってしまったんです。

夏休みに関わらずたくさんの人がお葬式に来ました。
特別社交的な人ではなかったのですが、多くの人が訪れたんですよね。

それを見ていて、漠然と「自分のお葬式にもたくさん人が来てほしいな」と感じました。
結婚式等、他のセレモニーは損得勘定で来る人も多いと思うのですが、
お葬式は、純粋に故人のことを想う人が多いように感じたんですよね。

将来、自分のお葬式でも、自分を想って来てくれる人がたくさんいてほしいなと感じました。
だから、そのために「善い人」でいなければ、と考えるようになったんです。

「なんて自分は不幸なんだ」

シェアして応援