大阪府で生まれ、4歳のときに千葉県の船橋市に引っ越しました。本が好きで、自分でも書いてみたいと思っていました。幼いころは「将来は本屋さんになる」と言っていましたね。本屋さんは、自分で本を書いて売るんだと思っていたんです。

家族とは仲が良く、日曜日に朝ごはんを食べた後、母と6個上の姉と女3人でずっとダラダラ喋るのがお決まりでした。その時間がすごく楽しかったです。父はよく、好きな本がたくさんある図書館に連れて行ってくれました。家族の存在は大きく、何かに落ち込んだときも「帰るべき場所がある」と思うことができましたね。

中学生になったある日、演劇部の練習を見に行きました。おじいさんが青春を振り返るストーリーで、おじいさんが学生時代に好きだった女性の墓前で思い出の曲を歌って、2人が間接的に再会するラストシーンがあるんです。そのエンディングがとにかく美しくて。リハーサル段階で何度も泣きました。「こんな舞台を作る側になりたい、私も参加したい」と強く思い、入部を決めました。

練習を重ねて迎えた初舞台。舞台に立ち紙吹雪を浴びる中、お客さんの顔がばっちり見えました。その顔に、感情が動く瞬間を見ることができたんです。絶景でした。中には涙を流す人もいて。舞台上には何か物があるわけじゃないのに、そこにあるはずのない物語を会場にいるみんなで体感している。奇跡だなと思いました。

そこからどんどん演劇にのめり込み、脚本にも挑戦。一度、私の書いた平安時代の話を上演しました。みんな一生懸命演じてくれて。公演後には、ほかの中学の子からも「上演したい」と言ってもらえたんです。大きな手応えを感じることができました。

中学校卒業後は、演劇推薦で高校へ進学。演劇部は県大会に行ったと聞いていたので期待していましたが、入部してみると指導が合わず楽しめなくて。ただ、専門性特化の高校だったので「宝塚を受けたい」など明確な将来の目標を持っている子が多くて、そんな友達と話すのがおもしろかったです。私は漠然とですが、「舞台で活躍する人になりたい」と思っていました。