東京都目黒区で生まれました。保育園ではいじめられてました。そばにいた子に「ねえねえ」と肩をたたいて話しかけたら「うわ、いぶん菌がついた」と言われたときは、すごく悲しかったです。それをきっかけに、自分の感情と言葉の「声」を押し殺すことになりました。

いじめは小学校に入っても続いていましたが、1年の2学期に、ターゲットが中国人の女の子に移りました。

ある日、国語の授業でその子と席が隣同士になりました。仲良くしたら、またいじめられると思ったので、話しかけられてもずっと無視することに。それでも、彼女は構わず、「いぶん、見て!100点とったよ」と満面の笑顔でテスト用紙を見せてくれました。どんなに打たれてもめげずに、前に突き進む彼女の強さに惹かれ、中国に行くことを決意しました。

中国で一番最初に感じたのは、感情の豊かさです。どんなに言葉がわからなくても、一人ひとりの顔に浮かぶ表情で喜怒哀楽が伝わってきました。感情を押し殺してではなく、「解放」してコミュニケーションをする中国の文化に一気に魅了されました。

「自分もこの力を手に入れたい!」と強く思い、母に「中国で暮らしてみたい」と頼み込んだんです。その結果、もともと1週間の中国旅行の予定でしたが、急遽学校探しの旅に変わりました。