大阪府堺市で生まれました。北海道へ引越して2歳前後まで過ごした後、東京に移り住みました。5歳のとき、鉄鋼業をしていた父の仕事の都合でアメリカへ行くことになり、幼稚園時代はアメリカで過ごしました。工作やものづくりが大好きで、レゴブロックで遊んだり、いろいろなものを分解したりしていました。

そんな僕には、2歳上の兄がいました。シャイであがり症な僕に対して、兄は明朗快活で、見た目も超かっこいい。勉強もスポーツもできました。リトルリーグで少年野球を始めたときも、僕は下手くそでチームのお荷物。しかし兄は選抜に選ばれていました。何をやらせても全然違いましたね。

両親に兄と比べるようなことを言われたことはありません。でも、兄の存在は常に自分につきまとっていました。憧れであり、コンプレックスでもありました。

10歳のときに東京に戻り、日本の小学校に通うことに。ものすごくいじめられましたね。なぜか「アメ公」とか言われて。アメリカは多様性やいろいろな考え方を受け入れてくれる社会だったので、日本という国の排他的なところには少し戸惑いました。

中学校は中高一貫の男子校でした。すごく楽しかったですね。日本的なものに興味があって柔道部に入部しました。運動が苦手な僕はやっぱり補欠でしたが、ずっと頑張っていればきちんと評価されるということは、部活を通して学びました。

勉強も、成績は学年で下から数えた方が早く、さすがに父に叱られました。そこから人の3倍努力して勉強していたら、いつの間にか上から数えたほうが早くなりました。だんだんと勉強をするのが楽しくなりましたね。