岐阜県岐阜市で生まれました。幼い頃からリーダーシップをとるのが好きなガキ大将でした。勉強も運動も得意で、なんでも1番にならないと気が済まない性格でした。

小学生からはサッカーに打ち込み始めました。運動神経の良さには自信があったのに、サッカーをして遊んでいたら、こいつには絶対負けないと思っていたやつにドリブルで抜かれたんです。それが悔しくて、地域のサッカーチームに入り、のめり込んでいきました。

中学校でもサッカー部に入部しました。強いチームだったので、センスのない自分では普通にやってもレギュラーになれそうもありません。どうしたら必要とされるか、自分の役割について深く考えるようになりました。

たとえば、全員がメッシのように得点力のある選手でも試合には勝てません。だったらメッシを目指すのではなく、自分だけの価値を発揮できる役割を目指そうと思いました。そこで狙ったのが、運動量で相手の攻撃を潰し、味方の攻撃の起点となるボランチです。目指すものが決まると身に着けるべきスキルが明確になり、練習の仕方も変わっていきました。

高校でもサッカーを続けました。2年生でキャプテンになり、県大会ベスト4まで勝ち進みました。3年生で引退すると、サッカーに傾けていた情熱を勉強に向け、学力の世界で日本一の東大を目指すようになりました。

しかし、結果は僅差で不合格。親や先生から「次は絶対受かるから一浪しろ」と勧められました。

特に浪人を強く勧める父とは大喧嘩しました。「おまえの人生、学歴があればすごく楽になる」という考えからアドバイスしてくれたんです。

しかし僕は、「1度受けて受からなかったのだから、実力がないことを認めて潔く諦めるべき」という美学を持っていて、浪人する気持ちは一切ありませんでした。そのため、親に自分の人生を左右されたくないと怒ってしまい、父とは2年間口をきかなくなりました。

結局、すべり止めに受けていた都内の私大の商学部に進学することにしました。ビジネス書に触れた影響で、自分が目指すべきはビジネスの世界だと漠然と考えたんです。