神奈川県藤沢市に三人兄弟の末っ子として生まれました。幼少期はよく父親に連れられ江の島や鵠沼の海へ。海が好きになりました。両親は共働きで、年の離れた兄と姉は一人暮らしをしていました。寂しさを紛らわすため、両親が帰ってくるまで、外で友達と遊びまわっていました。そんな私を気遣い、姉は、たまに実家に帰ってきて私に会うと、「あなたにさみしい思いをさせてしまって申し訳ない」といつも優しく声をかけてくれました。また、祖父のことも大好きで、家が母親の勤め先の近くにあったこともあり、よく遊びに行っていました。祖父の膝の上はいつも従兄弟と取り合いになっていた思い出があります。

小さい頃からスポーツをすることも大好きでした。小学校から中学まではサッカーに夢中で中学ではサッカー部副キャプテンとしてキャプテンを支え、リーダー的存在に。中学の部活引退後は、親友に誘われサーフィンに夢中になりました。サーフィンの雑誌に出たこともあります。また、10代後半は波を求めて一人で海外に行ったりもしていました。

遊んでばかりで、勉強は全然していません。中学卒業後は、家から近くて学力的に手が届きそうだった工業高校に進学。知り合いは一人もいませんでしたが、学外に交友関係を広げ、バイト先の先輩に海外へ連れて行ってもらったりと、ますます遊びまわるようになりました。

人に言えないようなやんちゃなこともしていて、そのたびに父から怒られました。大概のことは許してくれましたが、約束を破るとか、物を大切にしないとか、人として当たり前のことをしなかった時は、徹底的に追及され、叱責されました。そんな父が煩わしく、反発していました。

それでも、道を踏み外さなかったのは、母が側にいてくれていたからだと思います。母はスナックを経営しており、「外で遊ぶならうちの店で遊びなさい」と言ってくれていました。友人とはスナックで飲み食いすることが多く、他の飲食店でハメを外すことが少なかったです。また、常連さんと仲良くなり、「お袋に迷惑かけんじゃねえぞ」とか、いろんなアドバイスをもらったこともよかったですね。