五感を満たして生きる。国境離島での暮らし特集

日本に数多く存在している離島。都会と比べると不便なことも多く感じられる場所ですが、離島で暮らすことを選択した方たちは数多くいます。今回は日本の国境にあり、人が暮らす国境離島で生きる人たちや、「島で暮らす」ということについて、お伝えしていきます。

作成日:2017年02月02日


このページは「国境離島の暮らしCH」と統合されました。5秒後に自動で移動します。
移動しない場合は、下記にアクセスください。
国境離島の暮らしCH

海に囲まれ、大自然と共に暮らす島での生活。気分をリフレッシュしたい時など、誰しもが一度は想像したことがあるのではないでしょうか。

人はなぜ自然を求めるのでしょうか?

それは、都会の生活では研ぎ澄まされることがない、「五感」を取り戻すことができるからではないでしょうか。

都会の生活は機械化・効率化が進み、人が元々持っている感覚を存分に発揮する機会は減りました。スマートフォンやPCが生活の中心になり、視覚にばかり頼りきりで、他の感覚はどんどん鈍っているのではないでしょうか。

自然に囲まれた島での生活は、五感を研ぎ澄ませるのに最適です。雨の匂いや風のざわめきを意識せずとも感じられますし、新鮮な食べ物を味わい、実際に自分の身体で土や水と触れ合うことができます。

また、国境離島は、日本の辺境に位置しており、本土とは異なる固有の歴史や文化もあります。

今回の特集では、日本の国境にあり、人が暮らす国境離島を周り、五感を刺激するような各島の魅力を紹介しつつ、島で生きる人たちの生き方をご紹介します。なぜ島で生きることを選んだのかといった内面、具体的にどのような仕事をして生計を立ててきたのか、伺えたらと思います。

本特集を通じて、島での暮らしに少しでも興味を持った方がいれば、ぜひ一度島に足を運んでみてください。五感をフルで活用し、島での暮らしを体感してもらえたらと思います。

reccomend-img

主体性ゼロだった人生から一転、起業家へ。大切なのは、何をやるかより誰とやるか。

reccomend-img

同時多発的に複数の事業を生み出す。差別や格差のない豊かな世界を創るために。

reccomend-img

目指すのはパーフェクトな「完全制覇」「俺も輝きたい」という思いが原点でした。

reccomend-img

先祖が繋いでくれた歴史を受け継いでいく!茶道とラクロス、静と動のバランスが大切。

reccomend-img

プロレスはお客さんとの勝負でもある。笑顔を生み出すエンターテイメントを目指して。

reccomend-img

ベンチャー女優が挑戦するエンターテイメント。「全てを失った一日」を越えて目指すもの。

reccomend-img

「できないことをできるようにする」「普通」な僕の、完全制覇2回までの道のり。

reccomend-img

斜陽産業の三代目として生まれた宿命。銭湯の価値を再定義し、新たな文化を創出したい。

reccomend-img

高校初日で退学、バイク・喧嘩からSASUKEへ。苦しみの中に見いだした「可能性」

reccomend-img

SASUKEのために、部活に入りませんでした。「終わらない夢」を本気で追って見えたもの。

キーワードから探す

another life.とは

another life.提供サービス一覧