menu-btn

another life. × 2014 ワールドカップ

top-img

2014、ブラジルワールドカップに向けた特集企画!

作成日:2014年06月16日

4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップがいよいよ開幕しました!
会社を休んで(辞めて!?)ブラジルに観戦に行くという人の声もチラホラ。

でも、日本にもサッカーに熱中する人、狂っている人、たくさんいるんです!

プロ選手を目指し熱狂した人から、サッカーを軸に就職を決めた人まで、

「サッカー」がある人生、ご紹介します。

「another life. ワールドカップ特集」

今夜キックオフです!!!





究極、中学のこのチームで全国優勝できなくてもいい。
だけど、このドリブルとリフティングしかできなかった子どもたちが、将来化けてエリートたちを「逆転」していくのが楽しみなんです。

「うさぎと亀」の亀がゴールする瞬間を見たいんですよ。

OMAさんのインタビュー全文はこちら




小さい頃から自分で考える力をつけてもらえるようにあえて

「与えない環境を与える」

ということを意識するようになり、
今では「サッカーを教える」ことから「サッカーを通じて人を育てる」ということに夢中になっています。

瀧澤さんのインタビュー全文はこちら



自分は子どもたちの親でもなく、先生でもない立場ですが、だからこそ与えられることもあるんじゃないかと思います。

先日も、子どもたちをサッカーの「フリースタイル」のイベントを見に、赤坂のクラブに連れてったりして(笑)

そういうのって子どもにとってはすごく刺激になるのに、なかなか学校では提供できないんじゃないかと。

馬場さんのインタビュー全文はこちら



その時ふと、中高と現役時代、自分は怪我が多かったことを思い出したんです。
そんな時、マネージャーや周りの人が手助けしてくれていたのですが、
自分は人のことを余り考えるタイプではなかったので、それが不思議だったんですよね。

マネージャーに聞いてみると、
「サッカーをやっている人を見るのが好きだから、手助けしたい」と純粋な気持ちで言っていたんです。

なんだかその言葉に感動して、自分も選手を手助けする仕事も良いんじゃないかと思い、
専門学校のトレーナー科に行くことに決めました。

新田さんのインタビュー全文はこちら

reccomend-img

ネギ専門店で人が繋がる空間を!20代、このまま終えていいのか?という焦り。

reccomend-img

全世界どこにいても。 必要としてくれる人と一緒に働きたい。

reccomend-img

ベンチャー女優が挑戦するエンターテイメント。「全てを失った一日」を越えて目指すもの。

reccomend-img

今逃げてしまったらいつ頑張るのか?逃げ続けてきた私の社会人としての挑戦。

reccomend-img

医師として、人として、子どもたちのために。「ペイ・フォワード」の言葉に込めた思い。

reccomend-img

営業マンに寄り添った成長サポートを!諦めの悪かった私の人生。

reccomend-img

弱さを大胆にポップに。福祉の世界を、もっと身近に、面白く。

reccomend-img

「自分の命を何に使うか」に理屈はいらない。公務員がカッコいい社会を目指して。

reccomend-img

唯一無二の存在として、深い悩みを解決したい!勝手にやっちゃうことでつながる人生。

reccomend-img

未来の子どもたちの笑顔のために。 サステイナブルビジネスを大量生産する。

Facebookで最新情報を受け取る

another life.提供サービス一覧

service-img service-img service-img service-img service-img service-img

仲間を募集中!