another life. × 2014 ワールドカップ

2014、ブラジルワールドカップに向けた特集企画!

作成日:2014年06月16日

4年に1度のサッカーの祭典、ワールドカップがいよいよ開幕しました!

会社を休んで(辞めて!?)ブラジルに観戦に行くという人の声もチラホラ。



でも、日本にもサッカーに熱中する人、狂っている人、たくさんいるんです!



プロ選手を目指し熱狂した人から、サッカーを軸に就職を決めた人まで、



「サッカー」がある人生、ご紹介します。



「another life. ワールドカップ特集」



今夜キックオフです!!!








究極、中学のこのチームで全国優勝できなくてもいい。
だけど、このドリブルとリフティングしかできなかった子どもたちが、将来化けてエリートたちを「逆転」していくのが楽しみなんです。

「うさぎと亀」の亀がゴールする瞬間を見たいんですよ。

OMAさんのインタビュー全文はこちら






小さい頃から自分で考える力をつけてもらえるようにあえて

「与えない環境を与える」

ということを意識するようになり、
今では「サッカーを教える」ことから「サッカーを通じて人を育てる」ということに夢中になっています。

瀧澤さんのインタビュー全文はこちら





自分は子どもたちの親でもなく、先生でもない立場ですが、だからこそ与えられることもあるんじゃないかと思います。

先日も、子どもたちをサッカーの「フリースタイル」のイベントを見に、赤坂のクラブに連れてったりして(笑)

そういうのって子どもにとってはすごく刺激になるのに、なかなか学校では提供できないんじゃないかと。

馬場さんのインタビュー全文はこちら





その時ふと、中高と現役時代、自分は怪我が多かったことを思い出したんです。
そんな時、マネージャーや周りの人が手助けしてくれていたのですが、
自分は人のことを余り考えるタイプではなかったので、それが不思議だったんですよね。

マネージャーに聞いてみると、
「サッカーをやっている人を見るのが好きだから、手助けしたい」と純粋な気持ちで言っていたんです。

なんだかその言葉に感動して、自分も選手を手助けする仕事も良いんじゃないかと思い、
専門学校のトレーナー科に行くことに決めました。

新田さんのインタビュー全文はこちら

reccomend-img

3つの仕事で円を作り、お金も人も循環させる。やりたいことを全てやって生きるために。

reccomend-img

みんなで旨い酒を飲むために。築き上げた繋がりで最高の大会を目指す。

reccomend-img

ベンチャー女優が挑戦するエンターテイメント。「全てを失った一日」を越えて目指すもの。

reccomend-img

営業マンに寄り添った成長サポートを!諦めの悪かった私の人生。

reccomend-img

レガシー産業の中からイノベーションを。世界で一番難しくても諦めずやり抜いてみせる。

reccomend-img

今逃げてしまったらいつ頑張るのか?逃げ続けてきた私の社会人としての挑戦。

reccomend-img

「あの人もがんになったのだから、大丈夫」そんな存在になるために、再び描く未来。

reccomend-img

一人でも多くの、死の苦しみを減らしたい。命と向き合う現場で溢れた思いと、孤独な熱狂。

reccomend-img

高校初日で退学、バイク・喧嘩からSASUKEへ。苦しみの中に見いだした「可能性」

reccomend-img

日本文化の魅力を日本、そして世界へ!海外での挫折を乗り越えたどり着いた使命。

キーワードから探す

another life.とは

another life.提供サービス一覧