岡山県浅口市で、3人兄弟の長男として生まれました。小さい頃からハマったらぐっとのめり込むタイプで、プラモデルなどを作るのが好きでした。

両親は、フルーツショップと喫茶店を営んでいました。曽祖父が始めたうどん屋を、祖父がフルーツショップに変え、父が喫茶店を始めたんです。両親が商売で忙しいので、ご飯は用意されているものの子どもたちだけで食べることが多く、家族の団欒は少なかったです。それが普通だったので、友達が家族と集まってご飯を食べるのが不思議でした。

小学6年生のある日、父が遅い時間に喫茶店で出すチーズケーキを焼いていました。母に頼まれて父を呼びに行くと、父が黙々とケーキを焼いている。その姿がとても印象的でした。かっこいいなと。作ることは好きでしたし、お菓子を作る仕事は良いなと感じました。

中学高校と、比較的真面目に勉強していました。ところが、高校1年生が終わる頃から、仲良い友達と学校を抜け出して遊ぶようになりました。学校が嫌なわけではなく、遊ぶことの楽しさが勝っていましたね。

将来の進路について、「商売は大変だ」と聞かされて育ったので、家業を継ぐつもりはありませんでしたね。両親にも大学に行くよう言われていたし、「大学に入って、安定した会社に就職して…」とうっすら考えていました。化学が好きだったので、理系の大学進学を考えました。

せっかくなら一人暮らしもしたい、と鳥取県にある大学で、香りについて学べる生物応用工学科に進学しました。具体的には考えていないものの、ぼんやりと「将来お菓子の道に行く可能性もあるんじゃないか、香りについて学んでおけば何かしら役に立つんじゃないか」と考えていました。

大学では全く勉強しませんでした。教科書にある決められた法則をひたすら深く学ぶだけで、面白くなかった。裏切られたような感覚でしたね。化学に強い思いがあったわけでもないので、夢中になれなかったです。

日々自由で、植木屋さんやパチンコ、スーパーなどのアルバイトでお金もそれなりに入ってくるので、友達と集まっては飲んで朝まで喋って、いわゆる一般的な大学生活を過ごしました。その場の楽しさだけ考えていましたね。