1. >
  2. >

「集まる」をハックする。
ひきこもりが作る、人が移動しない世界。

加藤 直人さん/バーチャルライブプラットフォームづくり

はてぶ

【日本アイ・ビー・エム提供:オープン・イノベーションを生み出すエコシステム特集】VR(バーチャルリアリティ)とオンラインゲームの技術を利用して、新しいコミュニケーションの形を作る加藤さん。「引きこもりを加速する」というキャッチコピーの元、目指す世界とは?お話を伺いました。

アニメを見てプログラミングにハマる

大阪府大阪市平野区で生まれました。小さい頃から、外に出るよりも家で過ごすのが好きでした。家で本を読んでいると、親に「外に行って遊びなさい」と言われます。仕方なく外に行くんですが、結局、図書館で本を読んでいましたね。

親の言うことと逆のことをする子どもでしたね。ゲームをするなと言われても、友達の家に遊びに行ってゲームをしたり、パソコンでゲームをしたり。

夜遅くまで勉強せずに早く寝るように、と言われると、反発心からか、一層勉強が好きになりました。中学生の頃、内容はよく理解できずも、カッコつけていた部分もありますが、大学の物理や数学の本を読んでいましたね。

中学2年生の時に、プログラミングを始めました。『機動戦士ガンダムSEED』というアニメの影響です。主人公のキラ・ヤマトが、片手でプログラミングをしているのを見て、「これやばいな、やってみたい」と。すぐに本屋に行き、プログラミングの本を買いました。本棚には流行していたJavaの本が溢れていました。よく分かりませんでしたが、その中で適当に手に取ったのが、「Javaアプレット」や「J2ME」について書かれた本で、ブラウザやガラケー向けにアプリを作るのに適したものでした。それからは、プログラミングに夢中になりましたね。高校に進んだ後もずっと家でゲームを作っていました。

大学は、宇宙の勉強をしようと、京都大学の理学科に進みました。SFアニメやゲームの影響で、宇宙に興味がありました。

大学に進学した頃は、学問の分野で世界的な大きな発見をしたいと、漠然と考えていましたね。根底にあったのは、生まれてきたからには、何か大きなことをしたい、という気持ちです。

宇宙の歴史を考えれば、人間の寿命なんてほぼゼロみたいなもの。この時代に生まれてきたこと自体偶然でしかない、ある意味では間違いみたいなもの。間違いだとしても、この時代に生まれてしまったのなら、この時代で何かを成し遂げたい。世界に影響を与えることがしたい。そんなことを考えていました。

宇宙の研究=「見る」こと