1. >
  2. >

「時代を越えて残る」ものづくりを。
面白いと思うことを信じて、再スタート。

勝呂 裕邦さん/オートバイのヘルメットに装着するスマートデバイスの開発

はてぶ

【日本アイ・ビー・エム提供:オープン・イノベーションを生み出すエコシステム特集】オートバイの運転中に視界に地図を表示したり、天気の変化を通知したりできるデバイスの開発を行う勝呂さん。高校卒業後、2年間のフリーターを経て、アメリカの大学に留学。 日本での就職、35歳での独立を経て目指す、時代を越えて残るものづくりとは。

高卒フリーターからのアメリカ大学留学

東京都板橋区で育ちました。小さい頃から自動車やオートバイに興味がありました。ミニカーで遊ぶのが好きで、将来は車やオートバイに関わる仕事がしたいと思っていました。子供心にかっこいいなと、純粋に憧れていました。

地元の中高に通い、高校の頃はアルバイトに夢中でした。勉強はあまり熱心ではなく、アルバイトが楽しくてコンビニやファストフード店で働きました。高校卒業後はアメリカに留学しようと決めていました。8歳上の兄がアメリカのカリフォルニア大学バークレー校に留学していた影響があります。兄からは「自動車に関わる工学部に行きたいなら、カリフォルニア大学はいい大学だよ」と言われていました。親が日本で外国人留学生向けの語学学校を経営していて、小さい頃から身近に留学生が多く、留学は自分にとってありふれた選択肢の一つでした。

「高校を卒業したら俺はアメリカにいく」と親に伝えると、うちにそんなお金はないと言われ、フリーターになって、アルバイトで貯金してから留学することに決めました。フリーターになることに抵抗はありませんでしたね。どうにかするか、諦めるかの二つしか選択肢がない。諦めたくないから、自分でどうにかしようという感じです。

高校を卒業してから2年間、朝から晩までアルバイトをして留学資金を貯めました。2年は長かったですが、自分にとってはそれが当然の道でした。自分で決めた目標のために必要なことだから。決めた以上は進むしかない。迷うんだったら最初からやらない。そう考えていました。

資金が出来てカリフォルニア州の地方都市に渡り、ホームステイをしながら現地の語学学校に通いました。日本で英語を全く勉強せずに留学したので、話す英語は意味不明な「I am a pen.」の状態です。最初にホームステイ先に行った時に、ホストファミリーの英語が全く理解できず、「こんなん絶対わかんねえよ」って思いましたよ。何言ってるか分かんねえよって。笑っちゃうくらい何も分からなかったです。その時は、十年経っても英語なんか絶対分かんないだろうなって思いました。インターネットもまだあまり普及しておらず、海外で右も左もわからない。英語の参考書もなく、薄い辞書2冊とノートと着替えだけで、ボストンバッグ一つで行ったんですよ。どうにかなるだろうと思って。現地に着いて、あれ、失敗したかなと思いましたが(笑)。

留学した当初の心境としては、興奮状態に近いですね。おお来ちゃった来ちゃった、でも英語も話せないし帰れねえや、どうにかしなきゃって。前に進むしかない。止まっていても生きていけない。

悩んだり落ち込んだりして状況が改善するのであれば、いくらでも悩む。でも、止まっていても何も改善しない。そしたらもう、どこかでパッと切り替えるしかない。じゃないと何も変わらない。

中学英語すらままならない状態からカリフォルニア大学バークレー校への入学を目指して勉強を始めました。

アメリカでの挑戦と失敗