桑原 正明 | 公式プロフィール
最終更新日 2020.02.01

見かけ立派な平社員

SNSアカウント

略歴

1976年10月 愛知県産まれ。 全く似てない双子の長男。

小・中・高を愛知県豊田市で過ごし、屋根に登って雪降ろしする姿にあこがれ福井へ。2001年 福井大学大学院 工学研究科 機械工学科を修了。当時原子力発電所で問題となったアルミ製配管の水流による腐食について研究。

同年、三菱自動車エンジニアリング株式会社へ入社。自動車事故の安全(衝突安全)性能開発を担当。職場の先輩に大切にされながら、実験の面白さを学ぶも研究者に憧れ転職。トヨタ自動車に入社(2003)。前職の経験を活かし、コンピューターシミュレーション(CAE)を用いた安全性能開発に従事。CAE予測技術および乗員保護技術に関する海外発表3件、国内発表4件を通して研究の楽しさを学ぶ。2019年より車両企画業務に従事。

2020年より管理職を対象とした異業種派遣プログラムに参加。インクジェットプリンタで電子基板を製造する世界唯一の革新技術を有するエレファンテック株式会社にレンタル移籍中。

具体的な活動

【地域活性化】
 2009年 梅坪台地区コミュニティ会議の環境委員長として地域活動開始
 2010-2015年 梅坪台地区食育推進委員 委員長
 2012-2013年 梅坪台地域会議委員
 2014年~   豊田市市民活動促進委委員
 2015年~   浄水地区コミュニティ会議 福祉健康まちづくり委員長
 2015-2020年 浄水地域会議 副会長

【食育活動】
 2011年~ 梅坪台地区食育サポーターの会を立ち上げ
  ・耕作放棄地を利用した、野菜・米作り体験、酪農家とのコラボ
   による酪農体験を提供するグループを運営
  ・梅ジュースづくり・提供を通した多世代交流とコミュニケーション
   の場を提供
 2013年~ 梅坪台・浄水地区食育サポータの会に改名。浄水地区長。
  食をテーマとした親子クッキング、防災時の炊き出し研修を運営

【里山づくり】
 2009年~ 浄水自治区まちづくり協議会
  ・名鉄沿線の花壇作成と保全(花いっぱい活動)
  ・希少種のシラタマホシクサの保全目的とした里山再生
 2013年~ まごころの森 里山づくりプロジェクト
  ・新設校のために伐採される木材を用いた、木材利活用体験、里山整備

【その他】
 2016年~ 浄水町自治区 自主防災会
 2017年~ 浄水町 自主防災会リーダー
 



2016  


自分のプロフィールをつくりたい 他の人のプロフィールを見る

お問い合わせ|桑原 正明さんへ

お問い合わせは下記フォームより、お送りください。ご本人からの返信をお約束するものではありませんのでご了承ください。