小中高と、地元栃木で過ごしました。人と違うことをするのが好きで、自分の中で「やりたい!」と思ったことには飛び込んでいくようなタイプだった気がします。

小学校高学年で、当時流行っていた「ハモネプ」に興味を持ち、中学のバスケ部に所属する傍ら、友達とアカペラをやってみたこともありました。ボイスパーカッションやベースを練習し、一度番組に応募してみたりもしましたが、さっぱりでしたね(笑)

高校に入ってからは勉強に力を入れていました。入学した学校が進学校で、「自分もやらなければ!」という思いがあったのと、猛烈な反抗期を迎えていたため、勉強していれば家族と接する時間が少なくて済む、
というような気持ちがあったんです。頑張ってはいたものの、勉強が好きな訳ではなかったですね。

大学受験を見据え、勉強には力を入れていたものの、将来は特にやりたいことは明確でなく、大学に行くことは決めているという感じでした。

学部も迷ったのですが、受験勉強をしながら友達と放課後に問題を出し合い、教え合いながら勉強している時に、ぼんやり教育に興味を持つようになりました。文系だったので、経済学部や法学部もあったのですが、いまいち興味が持てず、教育学部を目指すことに決めたんです。

早く家族から離れたいという理由も併せて、埼玉の大学の教育学部に進学することに決めました。