1. >
  2. >

ユーモアのあふれた社会作りに貢献する。
多面的な背景で作り上げる、ここちよい生き方。

大畑 慎治さん/ブランドコンサルタント

はてぶ

コーポレートブランディングを中心としたブランドコンサルティングファームにて働く傍ら、ユーモアのあふれた社会作りに貢献するというテーマで、サイエンティスト・マーケッター・クリエイターとして社外でのプロジェクトも進める大畑さん。「ここち」の研究を行う大畑さんが、ユーモアというキーワードで活動を始めるまでにはどのような背景があったのでしょうか?

科学者志望から一転、マーケティングの道へ

私は和歌山県和歌山市に生まれ育ちました。小さい頃から科学の本を読んだり、地域の自然に触れたりすることが好きで、将来は科学者になりたいと考えていました。学校では数学や化学が得意で、数学は自分の職業とするイメージが持てないのに対して、化学は白衣を着てフラスコを振って、更にはノーベル賞を受賞してという科学者のイメージを持つことができました。

そんな背景から、高校卒業後は大阪大学の工学部に進学しました。大学では更に化学に没頭していき、歩きながら本を読むことさえありました。それまで自分は勉強が好きだと思っていなかったのですが、そうではないことに気づきましたね。化学は色々な要素を組み合わせたパズルのような感覚が好きで、特に実験よりも机上の化学の方に関心がありました。逆に、細かい作業が得意ではなく、実験で試薬を少量(0.1mg)を計り分ける作業等は苦手でした。

その後、有機化学の分野の研究室に入り、新薬のベースとなる化学反応の研究や、光化学反応という世の中でまだあまり解明されていない分野の研究を行いました。そして、そのまま研究を続けたいという思いから卒業後は大学院への進学を決めました。

しかし、大学院で研究を続けていると、次第に実験をする前から答えが見えることに、物足りなさを感じるようになっていったんです。自分の思考よりも実際の反応結果が出る方が遅く、やりたいことばかり膨らんでいく状況でした。解が見えていないものを解いていくということに面白さを感じていたので、刺激が足りない感覚を抱くようになりました。

ちょうどそんなタイミングで就職活動が始まり、色々な会社の説明会を回る機会がありました。初めは日常生活で目にする事が多い食品や化粧品の分野の研究者を志望していたのですが、ある時、たまたま話を聞いた広告代理店の説明会で、「ヒトと広告の関係は化学反応と似ている」と感じ、興味を持ち始めました。ヒトの化学反応には同一の反応が無く、内容もより一層複雑であるが故に、それを解いていく楽しみが大きいように思えたんです。また、ヒトや社会は変わり続けるため、化学反応も変わり続ける。「マーケティングの様な分野は一生を投じるに値する分野じゃないかな」と感じました。そして特に、イメージの世界であるブランディングに関心を抱くようになりました。

とはいえ、これまで学んできた化学の分野でどれだけ活躍できるのか一度は社会で挑戦してみたいという思いもあったため、片足は自分の強みである化学で社会に貢献し、もう片足は業務を通じて新たな領域を学ぼうと考え、卒業後はインテリアメーカーの研究職で働くことに決めました。消費者向けで化学が行かせる領域、かつトレンドやクリエイティブが強そうなところという基準で絞り込んでいった結果、インテリアの分野に決めました。

「ここち」の研究で見いだした、ユーモアというキーワード