付加価値を生み出せる人を育成したい。
成長に一番大切なのは「忘れられない体験」

坂井 伸一郎さん/付加価値を生み出せる人を増やす

はてぶ

付加価値を創造できる人を増やすため、個人、法人向けの学習機会の提供を行う株式会社ホープス代表取締役の坂井さん。新卒で入社した百貨店で仕事観を大きく変え、成長を実感させてくれた「忘れられない体験」とは?お話を伺いました。

先輩に勧められた高島屋に入社する

私は東京の世田谷区に生まれました。叔父は有名なテニス選手で、私も中学生の頃から本格的にテニスを始めました。大会などでは、「坂井選手の甥」として見られていましたが、私は選手としての結果は全く出せませんでした。都大会でも下の方の成績。そんな状況だったので、叔父と比較されるのは好きではありませんでしたね。

そこで、大学からは体育会ではなく、サークルでテニスをすることにしました。サークルの中では負けなしでした。学内の大会で優勝したり、大学内サークルの選抜も選ばれたりと選手としても熱中していましたし、テニスコーチのアルバイトもしていたので、勉強はほとんどしませんでしたね。

テニスに夢中の生活を送りつつ、卒業後は航空会社で働きたいと考えていました。親戚が航空会社で働いたこともあり、なんとなく憧れていたんです。ただ、航空会社で働いていた先輩に相談すると、倍率が厳しいので、他の会社も受けた方がいいと勧められました。そして、お勧めされた高島屋と、その面接練習としてもうひとつだけ百貨店を受けることにしました。

すると、不思議なことに、「ここで働くならこの仕事しかやりたくない」と強気な態度で面接に望んだ百貨店からは内定をもらい、「何でもやるので、どうしても入りたいんです」といった雰囲気で話した航空会社は、最終面接で不採用になってしまったんです。

正直、百貨店の仕事なんてよく分からなかったし、航空会社で働きたかったので就活浪人も考えました。ただ、高島屋の人事の方から、長期的に夢を実現するためのステップとしてキャリアを考えてもいいのではと言われたことや、就活浪人をする人は周りにいなかったこともあり、まずは高島屋に就職することに決めました。

忘れられない体験の中で感じた大きな成長

シェアして応援