期間限定のアクセサリーで植物をもっと日常に。
花屋という夢を、自分らしく叶えるための選択。

高畠 美月さん/植物を用いたアクセサリーの販売・ワークショップ運営

はてぶ

植物を用いたアクセサリーの販売やワークショップ運営を行う高畠さん。学生時代のアルバイトを通じて花屋に憧れを抱きながらも、実際に就職をしてみると、独立してお店を回していくことの厳しさも感じたそうです。「それでも花と関わっていたい」と考えた高畠さんが選んだ道とは?

獣医から花屋に変わった夢

私は東京都大田区に生まれ、都内の学校に通って育ちました。小さい頃から動物や植物が好きで、家ではペットを飼わせてもらえなかったものの、小学校で飼育委員になって以来、ぼんやりと獣医に憧れを抱くようになりました。

そこで、高校を卒業後は、数学や理科が得意だったこともあり、獣医学科がある大学を受けることに決めました。しかし、受験の結果、狭き門を通過できず、現役で合格できたのは同じ学部の農学科のみ。浪人して獣医を目指すか、合格した学科に行くか考えた結果、「植物も嫌いじゃないし、まあいいか」とそのまま農学科に進学をすることにしたんです。正直、成り行きの部分もありましたね。

そんな背景ではありましたが、実際に入学して授業が始まってみると、実習で畑に行き作業をすることはとても楽しかったです。植物の成長が目に見えて分かり、趣味だった園芸とも通ずる部分がありました。逆に、いわゆる研究等、白衣を着て行う作業は苦手で、「品種を改良して・・・」という理屈は分かるものの、実験を積み上げていくことは向いていないなと感じるようになりました。

また、大学生になってからはやってみたいバイトに挑戦しようと思い、まずは本屋さん、次に花屋さんで働きました。すると仕入れた商品をそのまま売る本屋とは異なり、花屋では自分で素材を組み合わせて商品を作ることが出来、自分の力次第では高く売れたり、技術がないと作れないものがあったりすることに、とても面白さを感じるようになったんです。

素材となる花が季節ごとに変わっていくのも独特で、その時々に偶然そろっている中からアドリブで作る感覚も楽しかったですね。1年間働かないと覚えられない植物があったり、大学で学んでいた生産現場と結びつく点もあったり、アルバイトながら非常にやりがいがありました。

そんな大学生活を経て就職活動を迎えると、私たちの世代は、ちょうど就職氷河期と呼ばれる時代でした。そして、なんとなく進学した農業方面は仕事にするイメージが持てず、逆にバイトでやりがいを感じた花屋で働きたいと考えたんです。ただ、飽くまで店頭で働きたかったため、大学ではそのような求人は見つけることができませんでした。

そこで、「花屋の現場に立つ仕事の求人はどこに来るだろう?」と調べた結果、どうやらその領域の専門学校があることを知ったんです。ありがたいことに、バイト先の花屋さんからも就職の声をかけていただいたのですが、一度花について体系的に学びたいという気持ちもあり、大学を卒業後は専門学校に進学することに決めました。

「1人で花屋をやっていくのは無理だな」

シェアして応援