私は福岡県福岡市に生まれ、父の仕事の関係で幼稚園に入る前より東京で暮らし始めました。小学生からはサッカーを始め、わりと強いチームにいたものの、子どもながらに冷静なタイプで、プロ選手には一部にしかなれないから、そこを目指してもしょうがないと考えていました。周りにはJリーグの下部組織に行く人も多く、「絶対にこいつとやりあっても無理だ」と感じることがあったんです。

その分、自分は将来大学にも行きたいし、仲のいい友達が塾に通っていたこともあり、サッカーをしながらも受験勉強に打ち込み、早稲田中学に進学をしました。

中学高校は、引き続きサッカーに打ち込む日々を過ごしました。将来のことは特に考えず、卒業後もそのまま大学に行こうと考えていました。しかし、関心の対象が定まっていなかったため、例えば商学部・法学部と言われてもピンとこなかったんですよね。そこで、好きだったスポーツの分野なら面白そうだと思い、新設学部という環境にも惹かれスポーツ科学部に進学を決めました。

しかし、入学して1年で失敗したなと思いましたね。新しい学部なので、必要単位に対して授業数が足りていないという状況で、大学で学んでいてはダメだと考えるようになりました。また、サッカーについてはある種逃げていた部分もあったからこそ、再び真剣にスポーツに向き合いたいと思い、大学から始める人が多いラクロス部に入り、1年のほとんどを部活に費やしました。

ところが、そんな生活を経てオフシーズンに入り、短期留学を経験したり、ラクロス部以外の学生と接したりすると、次第にスポーツ以外のことを語れない自分に危機感を感じるようになったんです。

他の世界に触れたことで、「もっと広い世界を知った方がいいな」と考えるようになり、このままいくとスポーツだけの人生が確定することに、日に日に焦りが強くなっていきました。

特に、2年生になってからモヤモヤが余計に募って行き「こんな気持ちでスポーツをするのはすごく失礼だ」と感じていたんです。

そこで、2年生になってすぐのタイミングでラクロス部を退部することに決めました。苦渋の決断で、挫折に似た感覚でした。