1. >
  2. >

エンジニアは、週3日働くのがちょうどいい。
激務続きの中に見いだした「余裕」の可能性。

大野 兼司さん/エンジニア向け、週2日から働ける仕事紹介サービス運営

はてぶ

エンジニア向けに、週2日から働ける仕事を紹介サービスの開発を担当する大野さん。サラリーマン、ベンチャー立ち上げへの参加、フリーランスと様々な環境でエンジニアを務めた大野さんが目指す、「面白い人やものが生まれるような働き方」とはどういったものなのでしょうか?

「履歴書持ってきたか?ここでいいよな?」

愛媛県に生まれ、中学高校と地元の学校に進学しました。

高校は大学に進学する人が多い学校だったこともあり、
自分も社会に出るまでの猶予期間がほしかったので、地元の大学に進学することに決めました。

大学では合気道部に所属しながら、日雇いで色々なバイトをしてみたり、好きなゲームをしてみたり、
わりと遊んでばかりでしたね。

しかし、大学にはインターネット環境があり、何かの授業でメールの送受信の方法を教えてもらう機会があったため、
インターネットを面白いと感じ、興味を抱いたんです。
それ以来、自分でホームページを作ってみたり、音楽データの仕込みをしたり、
趣味としてインターネットをいじるようになっていきました。

そんな大学生活を過ごし、結局遊びすぎて留年をしてしまい、
その上、就職については、特に何も考えていませんでしたね。

ただ、6年目の卒業前に、先に卒業し就職していた友人が働くIT系の企業でアルバイトをさせてもらっていて、
そのバイト先のつながりの会社に遊びにいった時に、代表の方に、

「お前、履歴書持ってきたか?うちでいいよな?」

と言われ、

「あ、ここでいいかな」

と思ったんです。
バイトの時にお世話になっていたし、技術力もある方だし、
ここで勉強をしようと思ったんですよね。

そうして、初めての就職が決まりました。

落ち込む自分を救った友人の縁