1. >
  2. >

南極の氷が溶けるほど熱い世界を!
金融とITで目指す1人1人が夢を持てる未来。

冨田 和成さん/金融業界の課題解決を目指すIT起業家

はてぶ

金融×ITという領域で様々なサービスを展開し、金融業界の抱える課題の解決を目指す会社を運営する冨田さん。幼い頃から目指していたプロサッカー選手をという夢を失い絶望した過去から起業に至る背景には、たまたま参加した就職説明会で感じた大きな衝撃がありました。

夢の終わり

神奈川県の川崎市に生まれ育ち、サッカー選手になることを夢見ていました。

元々、小学生の時から、仲間と一緒に取り組めるスポーツがしたくて、
最初はなんとなく周りがやっていたので、野球を始めようと思っていました。

しかし、母がたまたまサッカークラブを見つけ、
とりあえず練習に行ってみるとものすごく面白くて、
その場でチームに入ることにしたんです。

その後、小学校高学年の頃から川崎市の選抜に選ばれるようになったことで、
自然とプロを意識するようになり、週2回のクラブの練習が無い日も、
毎日のように練習していました。

ただ、次第に周りの友達は中学受験の勉強等で忙しくなっていき、
高学年になると、公園で1人ボールを蹴ることもよくありましたね。
私の親は起業家で、バブル崩壊のあおりから事業が立ち行かなくなり、家計が厳しかったため、
そもそも私立の学校など考えられなかったんです。

そんな理由から、公立の学校に進学して、
中学ではクラブチーム、高校では学校のサッカー部に所属し、
本気でプロを目指し、必死に練習を重ねました。

ポジションはゴールキーパーだったので、一番後ろからピッチ全体を眺めて指示を出す中で、
全体を構造的に見たり、チームを鼓舞することを特に意識していましたね。

そして、実際に高校3年生の際にはプロテストにも挑戦したのですが、
結果は不合格でした。
しかし、プロになること自体は全く諦めず、
高校を卒業後は一年間の浪人生活を経て一橋大学に入学し、
体育会のサッカー部に所属しました。

ところが、2年生の中盤に練習のし過ぎでヘルニアを患ってしまったんです。

元々努力の量に自信があったので、大学でも徹底的に練習しました。
でも年齢を重ねていくうちに、すぐにオーバートレーニング状態になってしまい、
怪我に繋がるようになってしまったんです。

そこで、努力だけではプロの夢が叶わない現実を知り、
サッカー選手になることを諦めざるを得なくなってしまいました。

就職説明会で知ったビジネスの可能性