1. >
  2. >

音楽を通じたコミュニケーションで人生豊かに。
音楽とITを使って実現したいこと。

林 潤さん/音楽×ITサービスの運営

はてぶ

学生時代よりITベンチャーの立ち上げに関わり、新卒では大手レコード会社に入り音楽業界を知った林さん。現在は、自分自身のルーツである音楽とITを掛けあわせた事業で独立されましたが、それはあくまで「コミュニケーションを豊かにするため」だと語る背景にはどんなストーリーがあったのか。お話を伺いました。

音楽とIT

私は東京で生まれたのですが、転勤族の家庭だったので、小さい頃は島根県で育ちました。
田舎だったので、友人と山で秘密基地を作ったり、カヌーやヨットを習うような自然児でしたね。
その後小学4年生の頃に岡山に引っ越しました。
サッカーや野球、バスケ、他にもピアノも習い始めていき、何かやりたいと思ったらすぐにその環境に飛び込んでいました。
ピアノは「バイエル」という教本に掲載されている決められた曲を練習しなければいけなかったので好きになれなかったのですが、
エレクトーンは自由に好きな曲を演奏できるので好きでしたね。

そして、小学校6年生の頃に、自分専用のパソコンを買ってもらいました。
パソコンを使って、当時流行っていた携帯電話の「着メロ」を自分で作ってWEBサイトに公開していろんな人から反応をもらったり、
音楽好きが集まるチャットルームで音楽情報を交換することで、
自分より1回りも2回りも年上の人から素晴らしい音楽をたくさん教えてもらいました。
さらに、中学生になるとギターを始め、高校ではバンドを組んでいました。
一人でギターを弾くよりも、趣味の合う友人と熱中しながらバンドで音楽を表現するのが楽しかったです。
同世代の人と比べても、音楽を通じたコミュニケーションに恵まれた人生を歩んでいました。

学生ベンチャーにジョイン