【12月4日イベント】Sunday Morning Cafe〜あなたの未来を変える生き方〜 ゲスト:平将明さん
  1. >
  2. >

人が開けることの出来ない心の扉を自然体験で。
「この業界は食べていけない」への挑戦。

中島 昭聡さん/大人向け自然体験事業の運営

はてぶ

大人向けの自然体験キャンププログラムを運営する中島さん。「この業界は食べていけないからやめておけ」と言われながらも、学生時代からの変わらぬ思いのもと起業をされたそうです。その背景にはどんな思いがあり、今後何を目指すのか、お話を伺いました。

中学時代の経験から、「癒し」に興味を持つ

愛知県名古屋市に生まれ育ち、地元の小中学校に通いました。

小学校の頃はどちらかというとひょうひょうとした性格で、
何も考えていないようなタイプだったのですが、
中学に入ると、人間関係がうまくいかずに、保健室によく逃げるようになりました。

中学1年生の時に、自分の発した何気ない言葉で、友達を傷つけてしまったことがあって、
その申し訳なさから、人と会うのがどんどん怖くなってしまったんですよね。

そんな状況だったこともあり、成績も振るわず、45点中14点という調子で、
自分自身、変わりたいと思いながらも、学校に行きたくない時期が続きました。

そんな中、中学3年生のとき、塾の先生との出会いで、
少しずつ、ふさぎ込んでいた気持ちが前向きになっていったんです。
とても面倒見のいい先生で、僕のことを見放さずに見守っていただき、
最終的には、何とか高校に行けるようにまでなりました。

その後、高校では柔道部に入ったのですが、そこでもまた素敵な先生に出会えたんです。
小さなことでも、できるようになったことを褒めていただける先生で、
考えた方や人の接し方について、すごく影響を受けましたね。

そして、高校3年になり、卒業後の進路を考え始めると、
中学時代にふさぎ込んだこと、様々な出会いに救われた経験から、
人の「癒やし」等に関心を持つようになったんです。

そんな折、たまたま大学情報誌で「アニマルセラピー」という、
動物を使ったセラピー手法を学べる新設学部を見つけました。
「こんなのがあるんだ!」と驚くと共に、もともと動物が大好きで、犬猫を飼っていたこともあり、
自分にぴったりの学部だと感じましたね。

正直、勉強はそれまでと変わらず苦手だったのですが、
浪人をして、翌年になんとかAO入試で合格することができました。

「ゴリのおかげで人嫌いが少し治ったよ!」