1. >
  2. >

「のび太」が踏み出した山への一歩。
大切なのはトライしていくこと!

荻原 宏章さん/起業家・大学院生

はてぶ

「今は何でもできる気がする」と言い、研究者兼ベンチャー企業社長としてトライし続ける荻原さん。幼少期は非常に臆病者だったにもかかわらず、リーダーとしてヒマラヤ未踏峰に挑めるほど強く、逞しくなった背景とは何か、お話を伺いました。

ロボットだった幼少期

僕の父は田舎から出てきて、一代で社長になって事業を成功させた人で、
何に対しても1mmの迷いもないような、自分にも他人にも厳しい人だったんです。

それは、僕の教育に対しても同じで、
小さい頃から1日4時間は数学を勉強する時間があって、高校の数学は小学生の時に終わらせていました。
一方的に強要される教育をひたすら受ける僕はロボットみたいだったと思います。
友達と触れ合う時間もないのでコミュニケーションをとるのもすごく下手で、臆病者で、弱々しくて、
例えるなら『ドラえもん』に出てくるのび太のような子どもでした。

そんな僕の将来の夢は医者になることでした。

薬剤師の母の影響で人に尽くすことの大切さを感じていて、医者であれば人のためになると感じたんです。
また、自分の根底には、才能や力がある者は人のためにその力を使うべきという「ノブリスオブリージュ」の考え方があり、
勉強面に関しては得意だと感じていたので、それを人のために活かすべきだと思っていたんです。

ただ、社会で起こる大きな問題にも関心がありました。
僕が中学生の時、社会ではオウム真理教の事件が起こっていたのですが、
犯人たちは社会のエリートであるにもかかわらず、
目に見えない何かにコミットしてしまい犯罪を引き起こし、
社会に大きな影響を与えていることに対して、何か根本的な課題があるように感じたんです。

そんな課題感を持ちつつも、高校は横浜の進学校へ行き勉強に没頭する日々でした。

しかし、ある時、画一的で型にはめられたような学校の教育方針や、
自分の意思ではなく、他人に強制され続けていることに耐え切れなくなり、
大学受験を目前に勉強を辞めてしまったんです。

見えない出口