場所にとらわれない生き方を!
私がwebメディアで目指すこと。

原田 臣さん/音楽・旅行を軸としたwebメディア運営

はてぶ

インターネットやアプリの新規事業の立ち上げやライフワークとして複数のウェブメディアを運営している原田さん。美容師を目指していた過去からインターネットの世界に飛び込んで、現在に至るまでにはいったいどのような背景があったのでしょうか?お話を伺いました。

模範的な生徒から一風変わった選択へ

僕は 、小中学校では周りからリーダーに推薦されることが多く、
よく学級委員や生徒会などを務める、いわゆる「優等生タイプ」でした。

勉強も真面目にしていて学校の成績も良かったので、高校は県内の進学校に入学しました。

高校に入学すると兄の影響でバンドを始めたのですが、ライブの際の場を作る感覚や、
お客さんが楽しんでいる様子が楽しくて、学校内外3つ〜4つのバンドを掛け持ちし、
バンド漬けの生活を送るようになっていました。

高校3年のときには、近隣の学校と合同で600人規模のライブイベントを企画したりもしましたね。

ところが、バンドに熱が入りすぎて学業は疎かになり、小中学校とは打って変わって、
成績は一気に落ち込んでしまったんです。

とりあえず大学進学する為に塾には通っていたものの、大学に行って特にやりたいことがあったわけではないので、
行かされている感覚に近かったような気がします。

そんな中、たまたま本屋で高橋歩さんの『LOVE&FREE』 という本に出会いました。
その本は、世界一周がテーマとなっていて、実際に本を読んでみると、

「自分もいつか世界一周旅行がしてみたいなぁ」

と思いました。

元々、会社に所属してずっと同じ場所で働く、ということに違和感を感じていたため、
本に影響されて、次第に「場所にとらわれずに生きていきたい」と考えるようになったんですよね。

その後、どうすれば自分の思いを実現できるかを考える中で、
「技術があればどこでも生きていける」と考え、何か手に職をつけようと思い、
加えて「人に関わることがしたい」という理由から美容師になることにしました。

美容師になり感じた限界

シェアして応援