「生きる力」を身につけた人材を。
外資コンサルから独立し気づいた、人の大切さ。

森下 洋次郎さん/ITソリューション事業運営

はてぶ

IT系のベンチャー企業にて、「生きる力をつける」ことを理念に人材育成に情熱を傾ける森下さん。海外留学・外資コンサルから独立という輝かしい経歴を持つ森下さんが、「人」を何よりも大切にするようになったのには、あるキッカケがありました。

サッカー選手を目指した学生時代

中学高校と、何よりもサッカーに打ち込みました。

中学受験を経て進学してから、最初は野球部に入ろうと思っていたのですが、
野球部がとても弱そうだったこともあり、「もっと挑戦したい」という気持ちで始めたのがキッカケでした。
自分よりうまい選手も沢山いましたが、志願して自らキャプテンを務め、
気づけばプロ選手を目指すようになっていったんです。

学校が鹿児島だったこともあり、親元を離れての寮生活だったのですが、
そこが先輩を含めた8人部屋で、徹底した上下関係のもと、
よく先輩に呼び出されてボコボコにされていました。

それでも周りは助けてくれないので、そんな環境で耐え抜かなければいけないため、
精神的に独立するのは早かったですね。

元々、影響力の大きい兄の後ろに隠れる引っ込み思案な次男、といった性格だったのですが、
寮生活をすることで、

「兄貴の元でなくても、俺もできるんだな」

という自信をつけていきました。

高校生になる頃には、鹿児島の、あるサッカーの強豪校に転校したいと本気で考えていたのですが、
進学校に通っていたこともあり、両親から、

「そんなために学校に行かせたわけじゃない」

と泣かれてしまったんですよね。
結局、サッカーが強くて、親の期待にも沿えるような、東京の私大に進学することに決めました。

もちろん大学でもサッカー部に所属し、これまで以上にのめり込んでいきました。
2年生頃から試合にも出始め、サッカーで食べていくことしか考えていませんでしたね。

ところが、4年生の時に、入学したばかりの1年生にレギュラーを奪われてしまったんです。
それまでであれば、負けん気が働いていたのですが、この時ばかりは差が埋まらないんじゃないかと思い、
心が折れてしまったんですよね。
愕然としました。

J2でもJ3でも良いからサッカー選手としてやって行こうという気持ちはあったものの、
テストにも受からず、結局サッカーを諦めることになってしまったんです。

アメリカ留学を経て外資コンサルへ

シェアして応援