私は埼玉県という、サッカーがとても盛んな地域で育ちました。小学1年生の時に地元のチームに誘われたことがキッカケでサッカーにのめり込んでいきました。最初は遊びの延長線くらいの気持ちだったのですが、2年生から6年生までのコーチがすごく厳しい人だったので、その人の下でサッカーをやってるうちに段々と本気になっていきましたね。

家族もみんなサッカーが好きで、父は「今からトヨタカップの試合見に行くぞ!」と突然学校に現れたなんてこともありました。(笑)また、埼玉県民だったこともあり浦和レッズが好きで、「将来はレッズみたいに沢山の観客の前でプレーしたい!」と思っていました。

中学校に上がってからは、学校のサッカー部と地域のクラブチームの両方に所属しました。小学校に比べて、教えられるサッカーをする時間が増えた一方で、サッカー漬けの生活になったことで肉体的にはとてもきつくなりましたね。また、体の成長による感覚の変化で思い通りのプレーができず、試合に出ても楽しくないと感じることがありました。

そんな時、学校のサッカー部の顧問の先生が「最近、クラブチームの方はどう?」と声をかけてくれたことがありました。

何気ない一言だったんですが、クラブチームであまり試合に出れていなかった自分の状況を知っていたこともあり、暗に「学校の部活に専念するのはどう?」と提案してくれてたんですよね。

クラブチームに参加していると、中学校の公式戦には出れないので、部活に集中するため、クラブチームを辞めることも少し考えましたが、うまくいっていない現状から逃げ出すのが嫌だったので、辞めずにどちらも続けることにしました。

嫌になりながらも、やっぱりサッカーは好きだったんですよ。