1. >
  2. >

絵を描く時の気持ちは、恋の初期衝動と同じ。
愛されたくて描いた絵が、誰かの救いになれば。

福井伸実さん/恋する絵描き

はてぶ

幸せな家庭に育ち、小さい頃は描いた絵をお母さんに褒めてもらうことが嬉しかったという福井さん。15歳の頃から、絵を描くことが自分にとっての救いとなったそう。自分と向き合って辿り着いた絵を描く意味とは?大学在学中からゲスの極み乙女。、さめざめなど多くのアーティストのアートワークを手掛けている福井さんにお話を伺いました。

家族に愛されて育った天使みたいな子

北海道札幌市で生まれました。親の仕事の関係で生まれは北海道ですが、東京で育ちました。2人姉妹の妹で、姉は結構強い性格。私は天使みたいな子だったと思っています。小さい頃から家族に愛されて育って、すごく幸せな家庭でした。特に、私は父親っ子で、一緒にキャッチボールしたり、家族で温泉に行ったら、結構大きくなるまでお父さんと一緒に男湯入っていたり。距離の近い親子でした。

小さい頃は、母曰く、自分の好きなことしかやらない、嫌いなことは意地でもやらない性格だったらしいです。好きなのは絵描くこと、絵本を読むこと。絵は漫画のキャラクターが中心です。小さい頃から自然に描いてました。描いた絵を誰かに見て欲しいというのがあったんだと思います。幼稚園で描いた絵を褒められたり、通信簿でいつも絵が上手って書かれたり。おばあちゃんの家に行った時に、カレンダーの端とかにちょこちょこって描いて、ほんとに上手だねって喜んでくれたり。元を辿るとお母さんが褒めてくれるのが嬉しくて、それで描くのが好きになりました。

反対に、人前に出るのはあんまり好きじゃなかったですね。緊張してしまって。あと気にしいなんで、どう思われているかが気になっちゃう。多分小さい頃からプライドが高かったので、自尊心が傷付くんじゃないですか。大人しい、ヘラヘラした子どもでした。

小学校を卒業した後は中学受験をして、地元の中高一貫の学校に行きました。中学ではバレー部に入りました。結構厳しい部活で、タイヤを引いたりして、頑張ってましたね。スポーツは得意で、リレーの選手に選ばれたりもして。スクールカーストで上位が運動部じゃないですか。一緒にいた子が運動部の子が多かったから、クラスの中心グループにいましたね。中心の端にいる方。

絵が感情を吐き出す場所に