年間1000人以上の経営者におせっかい。
相手のためを思い、生涯現役で仕事をしたい。

杉浦 佳浩さん/人と人を繋げる人

はてぶ

年間1000人以上、延べ約5万人の経営者に会い、経営課題を解決すべく、人と人を繋げる杉浦さん。誰かのためになる「おせっかい」をし続ける杉浦さんにとって仕事とは?お話を伺いました。

考えるより行動が先

大阪府東大阪市で生まれました。姉が1人います。父は親戚と一緒に会社をやっていました。カフェなどの店舗設計をしている会社で、社員は20人程。専務兼営業の父は根っからの商売人で、休日は私の手を引いて取引先に行くことがよくありました。普通、日曜日にお客さんのところに営業に行ったら怒られるじゃないですか。だから営業ツールとして子どもの私を連れて行き、仕事をしていたんです。出かける前に、父から「頭を撫でられたら笑うんやで、ええことあるから。」と教えてもらって、実際そうすると、お菓子をもらえる。それが嬉しかったですね。

小学校2年生の時、スイミングスクールに通い始めました。生まれつき体が弱かった私のために、親が申し込んでくれました。当時はスイミングスクールがほとんどない時代。裕福な家庭ではなかったですが、月謝3500円を払って通わせてくれました。家から地下鉄に30分乗ってスイミングへ、自分のエリアから出てみて、新しい世界を知りましたし、学校以外の友達ができました。

中高生時代、将来のことは何も考えていませんでしたね。情報はテレビやラジオくらいであまりなかったですし、「どこかの会社に入るのかな?」という程度。会社を継ぐことも考えましたが、父から「お前は無理だから、とりあえず大学に行ってこい。」と言われて、関西の私大の経済学部に進学しました。バブルの時代に流されて行った感じもあります。自主性があるタイプではありませんでした。

大学にはあまり行かず、お金がなかったのでアルバイトをしていました。北海道に牧場のアルバイトで行ったこともあります。運転免許を持っていなかったので、移動は歩くか走るだけ。行ってみたらえらく広い牧場で、1週間で7キロも痩せてしまったんですよ。北海道で運転免許が必要だなとか、免許がないと牧場は大変そうだなとか判断するよりも、行動が先になってしまうんですよね。これでは倒れてしまうと思い、申し訳ない気持ちがありながらも、泣く泣く親にお金送ってもらって、大阪へ帰ってきました。これを機に自分のお金で旅行に行くと決めて、翌年には、北海道を一周。北海道だけでは物足りず、海外に行きだしました。当時珍しかったバックパッカーです。グアムや中国、スペインからジブラルダル海峡を船で渡ってアラブアフリカにも一人で行きました。

他にも、周りに先駆けて、中国に船で行きました。自由旅行がスタートした翌年です。その帰りに、日本へ帰るのにちょっとだけお金に余裕があったんです。A寝台という高価な寝台列車に乗ったんですが、北京駐在のトヨタの方と同じ部屋になったんですよ。多分偉い人だったんじゃないかと思います。トヨタが中国に進出する中、最前線で頑張っている日本人でした。夜通しお酒を飲みながら話した時に、「君みたいな人がトヨタに来て欲しい。」と言われたんです。「え、俺でもトヨタいけるの?」と思いましたね。海外で企業戦士の話を聞いて、めちゃめちゃおもろいなと思ったんですよ。それで将来は海外で仕事がしたいなと。海外に一人で行っていたし、なんとかなるんちゃうかなって。当時は証券会社に力があって海外に支店を作る時代だったので、証券会社に就職を決めました。

仕事が旅行化する

シェアして応援