成功のビジョン作りに必要なのは「覚悟」。
ケニアの地で、魚食・生食という新しい文化を。

薬師川 恭平さん/ケニアで寿司の販売

はてぶ

臆病で消極的な性格だったという薬師川さん。友人との出会いや海外での仕事経験を通じて、次第に変化が生まれます。念願だった海外での飲食店経営に至るまで、足りなかった最後のピースとは、いったい何だったのでしょう。お話を伺いました。

人と違っててもいいんだ

生まれも育ちも大阪府大阪市です。きょうだいは兄が1人います。

小さい頃は臆病な子供だったと思います。何をするにも一歩踏みとどまってしまうような、消極的な性格でした。

小学校時代に野球とサッカーをし、中学からテニスを始めました。他にも友達とよくキャンプに出掛けたりとか、体を動かすのは好きでした。学校へ通い、部活に励み、それなりに充実した毎日を過ごしていたのですが、いつもこうした「枠」から飛び出してみたいという気持ちを持っていたと思います。

ですが、そのためにどう行動を起こしてよいか分からず、現状はずっと保守的なまま。将来に関しても、母が教師だったこともあって、何かしら堅い仕事に就くことをイメージしていました。

そんな自分の性格に影響を与えた人物がいます。それは高校2年生の夏にクラスに転入してきた1人の友人です。私の通っていた高校は女子がほとんどで、いつも限定された友人関係の中で過ごしていたのですが、そんな中に彼が転入してきたインパクトはとても大きかったです。

彼はアメリカに留学経験を持っていました。初めは接しにくいな、と思っていたのですが、テニスやカメラなど趣味が合うこともあって、どんどん仲良くなりました。彼に惹かれたことの中で一番大きかったのは、バックパッカーの聖書とも言われる沢木耕太郎の『深夜特急』を互いに読んでいたことですね。

彼と接していて自分の中に起こった一番の変化は、「人と違っててもいいんだ」という認識を持てたことです。彼は転入当初から、茶髪のソフトモヒカンでピアスをあけてて、爆発的に個性的でした。それなのに成績はいいし、英語も喋れて、スポーツもできるし、いろんなことを何でも知ってる。同学年ながら私は、憧れに近い気持ちを持って彼に接近し、彼から受ける刺激をどんどん吸収していきました。

閉鎖的な日本を出たい

シェアして応援